岡本真夜が“決意”のアルバム、新作の「Tomorrow」に込めた想い。

2011/12/27 01:16 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


歌手の岡本真夜が2012年3月7日、12枚目となるオリジナルアルバム「Tomorrow」をリリースすることがわかった。なぜ今、代表曲「TOMORROW」をタイトルにしたアルバムをリリースするのだろうか。

岡本は東日本大震災後、一人の人間として、アーティストとして「この大きな爪痕を残した震災が起きたという悲しい事実と、その直後に起こった日本中が団結するという素晴らしい出来事を風化させないよう、人々の胸に音楽を通じて刻んでいこう」との決意からアルバム制作を開始。「子どもを守りたい」という強い気持ちから生まれた「365日のLove song」、テレビのドキュメンタリーで見た被災者の少女が発した「強くなる!」という言葉に胸を打たれ、その少女に光がさしてくれる事を願った「約束」、困難に立ち向かう人々へ勇気や希望を与え続けている「TOMORROW」のセルフカヴァーなど全10曲を収録したアルバム「Tomorrow」が完成した。

また、岡本は作品だけでなくチャリティーイベントやライブにも積極的に参加。12月25日には俳優の伊勢谷友介が主催する「REBIRTH PROJECT」の企画「飯舘村卒業式イベント」にシークレットゲストとして出演した。ステージに登場した岡本は、驚きの歓声が上がる中「私の歌で少しでも皆さんが元気になって貰えれば嬉しいです」と語り、「そのままの君でいて」「TOMORROW」、さらにはクリスマスソングの「赤鼻のトナカイ」など7曲を熱唱。アンコールではこの日2度目となる「TOMORROW」を飯舘村の子どもたちや父母と合唱し、会場全体を巻き込んで広がる歌の輪はあちこちで涙を誘い、“歌”の力を強く感じさせる感動的な光景となった。

岡本は、「阪神淡路大震災の後、本当に大勢の方から『TOMORROW』という曲に“勇気をもらった”“元気づけられた”といった言葉を頂きました。今回も誰かの“希望”になってくれたらと思い『TOMORROW』というコンセプトでアルバムを作ることを決めたのです。今こそ、私の感じること、思うことを作品として残し、この事実を風化させないように。そして被災地はもちろん、日本中が希望をとりもどせるような曲を作り、歌って生きたいと思っています」とコメントしている。

なお、YouTube日本クラウン公式チャンネル(http://www.youtube.com/watch?v=BgEfYIv8CrE)では、今の“想い”を語る岡本の密着ドキュメントを公開中だ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.