ぐずる赤ちゃんをなだめる猫、頭をなでなでする“優しい動画”が話題に。

2011/12/21 15:14 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


カナダのある家族のもとで飼われている1匹の猫は、生後間もない人間の赤ちゃんをあやすのが得意。ぐずる赤ちゃんのそばに寄り添うと頭を撫でる仕草を見せ、これに赤ちゃんも安心するのか、不思議と静かになってしまうようだ。  

その様子を収めた動画は、9月4日付でYouTubeに「Cat soothing crying baby to sleep」(http://www.youtube.com/watch?v=PWXigjFm4TM)のタイトルで投稿されている。英紙サンによると、この動画を撮影したのは投稿者の「aarongrant1」こと、カナダ在住の父親アーロン・グラントさん(35歳)だ。登場するのは、彼の子どもであるコナーちゃんと飼い猫のステウィ。1分40秒の動画は、ここ数日の間に欧米のブログメディアで注目されたこともあり再生回数が急上昇、12月21日現在で120万回超を記録している。

動画はぐずり出して手を激しく動かすコナーちゃんを、ステウィが横で見守るように寄り添っているシーンからスタート。泣き声も上げて落ち着かないコナーちゃんの一挙手一投足に反応し、最初はステウィも中途半端に上げた右手をビクンビクンと動かし、どこかこわごわ接しているようにも見える。しかし、ぐずるコナーちゃんの動きが少し大人しくなったその瞬間、ステウィはまるで意を決したかのように、宙を彷徨っていた右手を勢いよくコナーちゃんの頭に乗せた。

だんだんと右手がコナーちゃんの頭からずり落ちてくると、再び乗せ直して右手を置き続けるステウィ。しかも、最初と違ってその後は静かにそっと右手を動かし、見ているとその動きは母親が優しく赤ちゃんの頭を撫でているようだ。そんなステウィの愛を感じたのか、コナーちゃんもいつしか泣き声が止まると、すやすや眠り始めて大人しくなってしまう。

最後はすっかり寝かしつけたステウィが、それを見届けたといわんばかりに右手をコナーちゃん頭から外したところで動画は終了。ステウィ自身がどんな心境だったのか、見ている人間には知る由もないが、少なくともステウィとコナーちゃんの間には、早くも信頼できる家族関係が築かれているようだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.