点灯時間たった2秒の青信号、「赤は84秒なのに」と中国メディアも驚く。

2011/12/14 14:21 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


信号が赤や青に変わる間隔は交通量などを勘案して制御されているが、中国では先日、あまりにも点灯時間の短い青信号が確認され、驚きをもって伝えられている。その信号はたった2秒で赤に変わってしまうそうだ。

中国紙重慶晨報などによると、この信号機が確認されたのは、重慶市の沙坪堰都市花園中路と都市花園西路が交わる十字路。赤が84秒点灯するのに対し、青はたったの2秒しか点灯せず、言うまでもなく2秒では多くの車が交差点を渡ることは不可能で、毎回1〜2台しか道を渡れないという。

中国の信号機はカウントダウン式で、赤から青へ変わる時間、青から赤へと変わる時間を表示してくれるが、問題の信号機は1台の車が道を渡り切る前に黄に変わり、黄も3秒で赤に変わるとのこと。地元紙が実際に検証を行ったところ、「どうあがいても青から黄に変わる前に道を渡るのは不可能」らしい。また、近くにある別の交差点も青は4秒しか点灯しないそうだ。

このように、なぜかドライバー泣かせの信号機が付近に2か所もある同地だが、地元のドライバーはいたって冷静に受け止めている。あるドライバーは「もう慣れましたよ」と話すと共に、「運転技術を学ぶこともできて面白いです!」と至って前向きだ。もちろん、多くのドライバーは青の点灯時間が長くなることに期待しているというが、仮に変わらなくても「黄の時間を利用すれば何とか渡れる」と話し、政府などに陳情する気は今のところないそうだ。

ちなみに、日本では点灯時間3秒の信号が複数確認されており、YouTubeでもその様子を見ることができる。

「青時間わずか3秒! 菊名駅東口近くの交差点」
http://www.youtube.com/watch?v=TSk76nP9Dl4


「3秒の青信号・丸八橋北詰交差点」
http://www.youtube.com/watch?v=H1Exo2Rb2i4



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.