Xmasに“愛の告白”7割が成功、恋人からのプレゼントは「コト」が大切。

2011/12/05 13:28 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


恋する男女にとって、1年の中でもクリスマスは特別な日。それだけに、ありったけの想いを込めてこの日に告白やプロポーズをする/したという人も少なくないだろう。アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)はそんなクリスマスに向けて、「贈りコト」(※モノではない、言葉や体験などの贈り物)に関する調査を実施した。

この調査は全国6エリア(北海道・東北/関東・甲信越/東海・北陸/近畿/四国・中国/九州・沖縄)に住む12歳〜59歳の男女1,122人(男性561人、女性561人)を対象に行われたもの。まず、「気持ちを伝える言葉はクリスマスだと伝わりやすいと感じるか」についてたずねると、「感じる」は34.8%となり、「感じない」(16.4%)の2倍近くに上った。

また、「告白、プロポーズされる場合、クリスマスだとOKする確率が高くなると思うか」については、「思う」は53.7%、「思わない」は46.3%と「思う」が過半数を超え、特に20代女性に限定すると「思う」は61.9%と高い割合を示している。

これを裏付けるように、実際にクリスマスシーズンに告白・プロポーズした人のうち、74.2%が「成功した」と良い結果に。大切な告白は、クリスマスに行うと成功する確率が高まるのかもしれない。

続けてクリスマスプレゼントは「モノ」と「コト」、どちらが良いかを質問。すると、「コト」と回答した割合は「恋人」は60.4%(「絶対にコト」13.2%+「どちらかと言えばコト」47.2%)となり、以下、家族、友人、同僚の順に低くなっている。同僚にいたっては「コト」を希望する割合は3分の1まで下がっており(21.6%=「絶対にコト」3.6%+「どちらかと言えばコト」18.0%)、このことから、恋愛感情や愛情を持つ相手ほど「コト」をプレゼントして欲しい傾向がうかがえる。

そして「クリスマスプレゼントをもらう際、一緒に言葉で気持ちを添えてもらいたいですか?」とたずねると、88.7%(「添えて欲しい」24.9%+「どちらかと言えば添えて欲しい」63.8%)が「添えて欲しい」と考えていることがわかった。クリスマスには言葉や体験といった“物質的ではないもの”も重要なポイントと言えそうだ。

この調査結果の詳細は、アフラックのクリスマスキャンペーンサイト「ダックのスノードームメッセージ」(http://snowdome.manekinekoduck.jp/)でも公開中。同サイトはみんなで“想いあうクリスマス”をコンセプトに、11月15日〜12月25日の期間限定で開設している。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.