6年がかりでプロポーズ“完成”、素晴らしいアイデアに絶賛の声相次ぐ。

2011/11/24 04:47 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


いかに感動的なプロポーズを演出するか、これに頭を悩ませた経験のある世の既婚男性は多いかもしれない。最近は特に海外で恋人を驚かせるようなプロポーズ動画が投稿され、話題となるケースは珍しくないが、彼女を喜ばせたい――その気持ちが大いに現れた動画には、多くのネットユーザーも感動させられる素晴らしいアイデアが詰まっている。このほどカナダ人男性が投稿した動画も、そんな素晴らしいアイデアで感動的だと話題を呼んでいるようだ。

この動画は、11月16日付でYouTubeに投稿された「Best Proposal Ever: A 6 Year Plan!!」(http://youtu.be/2f8hCk2Cbtw)。英紙デイリー・メールや豪ニュースサイトのnews.com.auなどによると、この動画を投稿したのはカナダ・モントリオールで暮らす26歳の男性だ。パイロットとして世界を飛び回る彼には6年間交際を続ける彼女がおり、時に到着先に彼女を連れて行っては観光を楽しんだりして、愛を育んできた。そんな2人には旅行先で記念撮影をする際に、1つの決まりごとがあったという。

それは、2人が並んでカメラに向かうとき、アルファベット1文字が書かれた紙やボードを掲げること。コックピットやメキシコでの写真には「W」、ローマでは「N」と書かれた字を見せ、2人は笑顔で写真に収まっている。その意図について、男性は「いつか結婚したら、そうなるのが“僕たちはずっと分かっていた”ことを証明する何かが欲しかった」と動画ページで説明。各々の写真を並べると「We always knew」と表せるよう、計画的に思い出の写真を撮影し続けたというわけだ。しかし、彼だけはその先にもう1つの意図を込めていた。

それを実行した瞬間を収めたのが、今回の動画。彼は最後のアルファベット「W」を掲げて彼女と撮る場所に、2人が暮らすモントリオールを選んだ。街を一望する見晴らしの良い展望スペースにやってきた2人は、予定通り記念の1枚を撮影。しかし写真データを見た彼は、後ろに映り込んだ人が気になったのか、一言お願いしてその場からどいてもらうと、もう1度写真を撮ろうとする。

そして、再び「W」と書かれた紙を持ってカメラに収まる2人。その瞬間、背後にいた仲間が2人に気付かれぬように動き出すと、大きな横断幕のような紙を広げた。そこに書かれていたのは「ILL YOU MARRY ME?」の文字。2人が持っていた「W」と合わせ、彼はこの写真で彼女にプロポーズを申し込もうとしたのだ。実は、この場に彼の仲間が数人紛れて彼のプロポーズに協力しており、今回の動画もその仲間によって撮影されている。

カメラの写真データをチェックして、満足そうに微笑む彼。そして彼女にその写真を見せると、彼はポケットから指輪を取り出し、計画は集大成を迎えた。このサプライズには彼女も泣いて喜び、もちろん彼との結婚を承諾。抱き合ってキスをする2人には周りからも祝福の拍手が上がり、彼のプロポーズは大成功となった。これだけの計画性と演出能力を持つ彼となら、きっと彼女もプロポーズの瞬間以上の幸せな未来を築いていけるに違いない。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.