“電車でウトウト”は平均16.2分、寝過ごしの代償は平均10,851円に。

2011/11/23 19:20 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


電車の心地良い揺れに誘われ、いつの間にかウトウトと夢の世界へ……。通勤・通学で電車を利用している人なら、誰もがそうした経験をしているかもしれない。ライオンの「『グロンサン』サラリーマン応援プロジェクト」は、そんな電車内での仮眠の実態を探るべく、「電車内での過ごし方に関する実態調査」を実施した。   

この調査は首都圏の20〜50代の男性サラリーマン1,000人を対象に行われたもの。まず、「あなたは、どのくらい電車の中でうたた寝をすることがありますか」とたずねたところ、74.7%が「月1回以上」と答え、全体の4人に3人が“電車仮眠族”であることがわかった。また、平均の仮眠頻度は週4.2回で、1回あたりの仮眠時間の平均は16.2分となっている。

“電車仮眠族”が電車の中で寝てしまう原因は、1位が「その日の仕事でたまった疲れ」(44.8%)に。これに「前日の仕事でたまった疲れ」(41.6%)、「アルコール摂取による酔い」(38.7%)、「日頃から蓄積した疲れ」(37.8%)、「長い通勤時間による疲れ」(22.0%)と、仕事に関する原因が上位に入り、日頃から身を粉にして働き、疲れがたまって電車内でついウトウトしてしまうサラリーマンの実態が浮き彫りになっている。

続けて「あなたは、どの程度電車で寝過ごしたことがありますか」と質問。すると、“電車仮眠族”のうち66.1%が「年間1回以上」と答え、寝過ごしたことがある人の平均頻度は年間4.1回だった。年代別では40代が年間4.5回で最も多く、40代は特にお疲れの様子だ。

また、寝過ごし経験のある人に「寝過ごした結果の代償金額」を聞いたところ、平均は10,851円に。年代別では20代の「平均13,546円」が最も高く、若手ビジネスマンは寝過ごしの代償が大きいと感じているようだ。代償の内訳としては、「余計にタクシー代がかかった」「寝過ごした駅近くでの宿泊代がかかった」「財布やバッグなどの持ち物を失くした」などが挙がっている。

そして、寝過ごしたことがある人のうち、75.7%が「電車での寝過ごしを防止したいと思う」と回答。年代別でみると、20代では94.9%もの人が寝過ごしを防止したいと答え、寝過ごしの代償も大きいと感じている20代サラり―マンは特に寝過ごしたくないという意識が強いようだ。


なお、ライオンは疲れたサラリーマンを佐山彩香、吉木りさ、次原かな、杉原杏璃の4人のグラビアアイドルが起こしてくれるスマートフォンアプリ「グロンサンお疲れさんアラーム」を提供している。詳細は http://guronsan.lion.co.jp/app/ を参照。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.