自分で「とってこい」できる犬、階段を利用してボールで巧みに遊ぶ。

2011/10/24 03:14 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


階段の上から転がしたテニスボールよりも速く駆け下りてキャッチ。それを階段の上に持っていき、また上から転がして階段下でキャッチ――。そんな風に自分で“とってこい”の芸をしながら遊ぶ犬の動画が話題を呼んでいます。

この動画は10月12日付けでYouTubeに投稿され、すでに再生回数が100万回を突破した「Clever dog plays fetch with himself」(http://www.youtube.com/watch?v=vNvjtyUh2OM)。英ロンドンで暮らすシドくんという小型犬が、階段の上にいる、飼い主と思われる男性の足下でテニスボールと佇んでいるシーンから始まります。

男性が「ほら、自分でやってみろ」と声をかけると、シドくんはボールを口にくわえて階段の上から落とし、ボールが下に向かって転がり出すと、ダッシュで先回りして階段下へ。

そうして下へたどり着いたシドくんは、階段で跳ねながら落ちてくるボールを上手にキャッチ。すると、すぐに階段を駆け上がり、再び飼い主の足下に戻って来るのです。そんな動作を何回かくり返すこのビデオは、彼の頭の良さと愛らしさで、投稿後から徐々にネットで話題となりました。

YouTubeのコメント欄には「頭いいね、可愛い」「賢いな」といったコメントが多く寄せられています。しかし飼い主の男性に対しては「ちゃんと遊んでやれよ!」というツッコミの声も。確かに“一人遊び”をさせるだけでなく、もうちょっとシドくんにかまってあげても良いのかもしれませんね。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.