絶賛浴びる“ほんわか”老夫婦、ウェブカメラに困惑する動画が大人気。

2011/09/15 18:42 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


YouTubeで話題となる“ほんわか癒し系”動画といえば、動物や小さな子どもによるものというのが相場ですが、いま米国では、ある年配カップルの動画が話題を呼んでいます。  

「Web Cam 101 For Seniors」(http://www.youtube.com/watch?v=FcN08Tg3PWw/シニアのウェブカム初心者コース)とタイトルの付けられたこの動画は、初めて購入したノートパソコンに搭載されているウェブカメラの使い方に悪戦苦闘する年配のご夫婦が、そのコミカルなやりとりを本人たちも気付かないうちに撮影してしまった、というもの。

米ニュースサイトのハフィントンポストによると、2人はオレゴン州にお住まいのブルース・ハフマンさん(86歳)と、奥さんのエスターさん(79歳)。8月にお孫さんからウェブカメラの使い方を「恐ろしいほど忍耐強く」伝授してもらったというエスターさんは、その数日後に、今度はブルースさんとそれを使った写真撮影にチャレンジしたのです。

ところが、彼らは間違えてビデオ撮影機能をオン。パソコンは、「おかしいわねぇ……」と写真が撮れずに困惑するエスターさんの姿と、その横でスクリーンに映った自身の姿を見ながらおどけた仕草をするブルースさんをしっかりと録画していました。

そして3分程度のこの動画は、困った様子でノートパソコンと格闘する奥さんと、その場を和ませようと無関係でコミカルな言動を続ける夫、というパターンで会話が続きます。途中、ブルースさんは歌を口ずさんだり、ゲップをして「ごめん、ごめん」と謝ったり、さらにはエスターさんに「髪がきれいだねぇ」とデレデレしてみたり……。エスターさんも、そんな旦那さんに呆れることなく、笑顔になっていくのです。

電化製品の操作がわからないときは、とかくイライラしてしまいがちですが、このご夫婦の様子は実に“ほんわか”。後日、動画を発見した孫によりYouTubeに投稿されると、次第に口コミで再生回数を伸ばしていき、遂にはたくさんの米国メディアで紹介されるほどになりました(9月15日現在の再生回数は158万回超)。

動画に寄せられたコメントには率直に「面白い」という声のほか、「本当に愛らしいカップルだ」「長年培ってきた絶妙の掛け合い。最高のコンビ」「本当に愛し合っているって感じ」と、仲睦まじい夫婦をうらやむ声がズラリ。

ちなみに、知らない間にネットで有名人になってしまった2人ですが、ハフィントンポストのインタビューに答えたエスターさんによると、「こんなことになるなんて、もちろん予想もしていなかったけれど、暗いニュースが続く中で、こうやって面白いことを提供できて嬉しいわ。いつも楽しいことが大好きな私たちだから、それで人を笑わせられたなら本当に良いこと」と、今回の顛末を喜んでいるようです。

また、「新たなビデオを作成する予定はあるか」との質問には、「実は、いまだにウェブカメラの使い方は判っていないんですよ。まあ、楽しみつつ勉強していきますが」とブルースさんは答えています。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.