映画「レオン」の新コピー決定、「込めたのは、銃弾と愛。」を採用。

2011/09/09 05:55 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


90年代の映画主題歌コンピレーションCD「ナンバー・ワン・ナインティーズ・ムービー・ヒッツ」のリリースをきっかけに、洋画メジャー5社が共同で展開中の「The 90's Reunionキャンペーン」。8月26日からはキャンペーンの目玉企画である90年代映画のリバイバル上映イベントが始まり、第1弾「マトリックス」、第2弾「スピード」に続き、9月9日からは第3弾の「レオン」が劇場で再上映されるが、このイベントが実施される劇場に掲示するポスターには、Twitterで決まった新しいキャッチコピーが使われている。そしてこのたび、「レオン」の新しいキャッチコピーが決定した。  

「マトリックス」は「電話ボックスまで逃げろ!」、「スピード」は「バス、まっしぐら。」に決まり、ネットでは賛否両論、「どうしてこうなった」「ペットフードCMのアレか」などさまざまなツッコミを呼んだこの企画。今回の「レオン」にもたくさんの新キャッチコピー候補が寄せられ、次のようなキャッチコピーが最終候補に残った。

・ザ・しりとりで勝てない映画No.1決定!
・ちょいワル? そんな半端なオヤジじゃない。
・DEAD OR a LOVE.
・この生き方と眼鏡は、マネできない。
・込めたのは、銃弾と愛。
・牛乳協会推薦作品
・部長のように不器用で、課長のように切ない。
・ブラックスワンがまだアヒルだったころのお話。
・映画「レオン」は、不器用なおじさんと恋する少女を応援しています。

その中から、最終的に新キャッチコピーに選ばれたのは、「込めたのは、銃弾と愛。」だった。

この企画について、ソニー・ミュージックの担当者は「第3弾のレオンには、プロ顔負けの秀逸なコピーがたくさん集まりました。映画好きの人が楽しんでくれるようにと本企画を始めたのですが、まさかこんなに話題になるとは思っていませんでした。うちの主題歌コンピCDも一緒に盛り上がってほしいというのが本音です。CDの方もどうかご注目宜しくお願いいたします」とコメントしている。

今後も「ザ・エージェント」「ジュラシック・パーク」といった90年代大ヒット作品の劇場再上映が行われるこのキャンペーン。もちろん、これまでと同様、各作品のキャッチコピー募集がTwitter上で行われている(@90s_Reunion)ので、映画ファンは挑戦してみてはいかが?


☆「ナンバー・ワン・ナインティーズ・ムービー・ヒッツ」
CD2枚組全35曲/2011年8月3日発売/3,150円(税込み)
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/90sreunion/music/



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.