波間で美しく輝くサーファー、火の付いたサーフボードで華麗な波乗り。

2011/09/03 13:32 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


米国のプロサーファーが変わった波乗りを披露する映像がYouTubeに投稿され、ちょっとした話題を呼んでいる。このサーファー、火を噴く花火や照明弾のようなものを取り付けたボードに乗り、大きな波で華麗な滑りを披露。そのテクニックもさることながら、波の内側から照らし出される火の灯りが幻想的と注目を集めているようだ。

この動画は8月29日付でYouTubeに投稿された「Flaring Up - Surfing with a Flare - Red Bull Minor Threat」(http://www.youtube.com/watch?v=f2HoZ4cU1r4)。公開したのは世界各地で多くのスポーツ大会の企画・運営や選手の支援をしているエナジードリンク「レッドブル」だ。今回は、レッドブルがスポンサーを務めているハワイ出身のプロサーファー、ブルース・アイアンズ選手の協力で動画が制作された。

撮影の舞台となったのは、スマトラ島の西に浮かぶインドネシア・ムンタワイ諸島。ここで「サーフィン歴25年」(米放送局CBSより)の31歳のアイアンズ選手が、いろいろな意味で“目を奪われる”滑りを披露した。まず冒頭に流れるのは、陽が暮れた夕方のようなシーン。波に乗ったアイアンズ選手がパイプラインの中に入っていくと、その内側に入った彼の姿は全く見えなくなるが、強烈なオレンジの光が波を透けて浮かび上がり、なんとも美しい光景が映し出される。

さらに別の状況で角度を変えた映像では、海面や覆いかぶさって来る波にも光が反射している様子がわかる。これらでも充分美しい映像ではあるが、動画の最後に流れる夜の闇の中で滑るシーンが最も素晴らしい光景かもしれない。

周囲が真っ暗で光がない分、ボードから放たれる火の光が遠くまで拡散しており、海面や波だけでなく、波しぶきまでもがオレンジ色に。海と火を利用して刻々と変化する幻想的な光景に、眩しく浮き上がる彼がなお一層“特別な才能の持ち主”に見えてくるはずだ。

彼の技術とアイデアが見事にマッチしたこの動画を、皆さんも一度、ご覧になってはいかがだろうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.