可愛いヘッドバンギング男児、ヘヴィメタにノリノリで踊る動画が話題に。

2011/07/04 06:48 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ヘヴィメタルのコアなファンなら、ライブに行けば曲のリズムに合わせて頭を上下に激しく振る“ヘッドバンギング”をやらずにはいられないだろう。そんな激しいノリを愛するファンにとっては頼もしく(?)感じるかもしれない、ある小さな男の子の動画が注目を集めている。

この動画は6月24日付でYouTubeに投稿された「Metal Head Baby - Pantera - FN Hostile」(http://youtu.be/u0QuG6_FA6I)。米国の投稿者が公開した2分あまりのこの動画に登場するのは、ジョナくんという2〜3歳くらいの男の子だ。何ともかわいらしい笑顔を見せるジョナくんは、この若さにしてヘヴィメタが大好きな様子。ステレオから曲が流れると、じっとしていられずに体が動き出すようだ。

カメラの前に現れた彼は、スピーカーから流れるパンテラの「Fucking Hostile」に終始ご機嫌。左手や頭を軽く振りながらスピーカーの前まで近づくと、目の前のテーブルに両手をついて、頭を上下左右に激しく振り始める。さらに笑いながら左手の拳を振り上げる様は実にキュート。彼はこの曲がとても大好きなようだ。

その後も右へ左へ動き回り、頭だけでなく全身を激しく動かし続けるジョナくん。彼がときどき視線を投げる先にいるらしい両親も、そんな彼の様子を楽しんでいるようで、父親の笑い声もチラホラと聞こえてくる。そして迎えた曲の最後、もう終わりだと気が付いたジョナくんはステレオのほうへくるっと振り向き、至極残念そうに「あー……」と一言。あまりにも素直な表現に、彼の父親も大爆笑してしまった。

この動画は米ニュースサイトのハフィントンポストなどによってネット上に広まると、パンテラの公式Facebookページでも紹介され、「ミリオンヒットにしてやろうぜ」との呼び掛けに1万人近いファンが「いいね!」と反応。「この子は最高だ」など称賛の声が寄せられているほか、YouTubeのコメント欄にも賛辞が並び、もはやパンテラファンのマスコット的な存在になっているようだ。

動画の再生回数もグングンと上昇を続けており、7月4日現在で72万回を突破。解散やギターのダイムバック・ダレルの死を経ても未だ支持し続けるファンにとって、彼のような次世代ファンの存在は心強いばかりだろう。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.