JR九州の“幻のCM”がカンヌで金賞、CM曲歌うマイア・ヒラサワも祝福。

2011/06/23 00:39 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


3月11日に発生した東日本大震災の影響でお蔵入りとなったものの、YouTubeなどに動画がアップロードされるや否や、瞬く間に総再生回数が200万回以上を記録した「JR九州/祝!九州キャンペーン」のCM(http://www.youtube.com/watch?v=g5kU6mImUh0)。九州新幹線の全線開業を祝い、公募で集まった1万人以上の人たちが沿線から新幹線に手を振る映像には「元気をもらった」「今の日本に必要なCM!」など称賛の声が上がったが、このたび同CMがカンヌ国際広告祭のアウトドア部門で金賞、メディア部門で銀賞を受賞した。

「カンヌ国際広告賞(International Advertising Festival)」は、世界にある数々の賞の中でも世界最大級の規模を誇る広告賞。受賞者に渡されるトロフィーがライオンであることから、別名Cannes Lionsとも呼ばれている。毎年6月に南フランスのカンヌ市で開催され、全12部門のカテゴリーを抱える現在は「広告業界のワールドカップ」と呼ばれるほどの大規模なフェスティバルだ。

アウトドア部門は、看板、サインなどの屋外広告を対象とした部門で、当初はビルボード広告やポスターなどが対象だった。しかし最近はゲリラ的なもの、デジタルを利用したものなど、さまざまな作品を対象にしたカテゴリーとなっている。

今回の受賞について、CMソングの「Boom!」を書き下ろした日系スウェーデン人のシンガーソングライター、マイア・ヒラサワもコメント。「素晴らしいことだし、非常に光栄なことです」と受賞を喜び、祝福している。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.