グミで“懐ゲー”の世界を表現、カラフルなストップモーション動画。

2011/05/26 11:56 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


少しずつ動きをつけながら膨大な数の写真を撮影し、それを繋ぎ合わせることで完成するストップモーション・アニメーション。近年は動画投稿サイトでも花盛りのジャンルだが、先日YouTubeに投稿された、見た目も鮮やかな作品がにわかに注目を集めている。この作品、懐かしのレトロゲームの世界を表現したもので、使用しているのはカラフルなグミの数々。実に10ポンド(約4.5キロ)相当のグミを準備して制作されたという。

この動画は、5月10日付でYouTubeに投稿された「Gummy Bears Stop Motion」(http://youtu.be/IJcUiAR8YeY)。ストップモーションの素材に使われたのは、主に欧米で販売され、特に米国ではポピュラーなお菓子として知られるクマの形をしたグミ「ガミー・ベア」だ。今回はその1つ1つがドットのような役割を果たし、ゲーム画面の“部品”になっている。

1分13秒の作品は、「パックマン」や「テトリス」、いわゆるブロック崩しの「ブレイクアウト」など、グミが移動しながら次々にレトロゲームの世界を構築。軽快なゲーム音楽や効果音と、グミの動きが絶妙なタイミングで絡み合ったカラフルで楽しい動画だ。

再生回数はまだ20万回弱(5月26日現在)あたりだが、ユーザーからは称賛のコメントが多く寄せられ、視聴した人の満足度は高いよう。昔懐かしいゲームの世界を目と耳で楽しみたい人は、ぜひ一度、ご覧になってみてはいかがだろうか。

ちなみに、動画で使用されたグミは撮影後にしっかり胃の中に収められたそうだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.