笑える川柳が盛りだくさん、今年の「足クサ川柳」受賞作品が決まる。

2011/05/25 02:07 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


足のニオイをテーマにした川柳を募集するという、一風変わったコンテスト「足クサ川柳」(http://www.okamotocorp.co.jp/senryu/)。国内最大の靴下製造卸販売の岡本株式会社が実施しているこのコンテスト、5回目を迎えた今年の受賞作品が発表された。10,908句の応募作品の中からグランプリに選ばれたのは「山ガール シューズ脱いだら ヤバガール」(どっこい翔子さん)。昨今ブームとなっている“山ガール”を取り入れた一句で、登山で蒸れた靴が醸し出すニオイが、情景と共に伝わってきそうな作品だ。

「五・七・五」という限られた文字数の中で、足のニオイにまつわるさまざまな悲喜こもごもが詠まれた応募作品の数々。今年は作品の募集期間中に東日本大震災が起こり、運営事務局内では「企画を自粛したほうがいいのでは?」との声も挙がったという。しかし、「こういう時期だからこそ、この川柳を通して少しでも日本の皆さまに元気を出していただき、明るくすることができたら」(公式サイトより)との思いから、「最後までやりきる決心」で受賞作品の発表までこぎ着けた。

発表された各賞は次の通り。

◎第5回足クサ川柳(岡本より)

[最優秀賞]「山ガール シューズ脱いだら ヤバガール」(どっこい翔子さん)
[優秀賞]「家に来て 『なに飼ってるの?』と 訊く彼女」(かのカッチャンさん)
[優秀賞]「モナリザを ムンクに変える 俺の足」(さごじょうさん)
[佳作]「おままごと パパ役帰宅時 足洗う」(ほづさん)
[佳作]「革靴を 脱いで臭休 2日制」(ルークさん)
[佳作]「座敷だと!? 日時はいいから 先に言え!」(ヒロさん)
[佳作]「それとなく 靴下そえる バレンタイン」(こなみさん)
※佳作はほか6句。全10句。ほかに「頑張れ!お父さん賞」(1句)、「輝け!OL賞」(1句)、「足クサかるた賞」(44句)。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.