NTTドコモが新スマホ、ツインカメラ&3D液晶の「AQUOS PHONE SH-12C」。

2011/05/11 18:04 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTドコモは5月11日、スマートフォンの新モデルとして、Android 2.3搭載の「AQUOS PHONE SH-12C」(シャープ製)を発表した。発売は5月20日で、全国のドコモショップでは14日から事前予約受付を開始する。

「AQUOS PHONE SH-12C」は800万画素のツインカメラを搭載し、シャッターを押すだけで3Dの写真や動画を撮影できるスマートフォン。撮影時に簡単に2D表示と3D表示に切り替えることもでき、状況に応じた撮影が可能だ。

また、AQUOSシリーズで培った技術を応用した4.2インチQHD(540×960ドット)3D液晶と高画質エンジンにより、高精細な映像も楽しめるほか、液晶テレビAQUOSとのHDMI接続やWi-Fi接続でのスマートファミリンク機能にも対応した。

さらにタッチ操作などを記憶する「TapFlow UI(タップフローユーザーインターフェイス)」を搭載。そしてツイッターやmixiのコミュニケーション履歴を表示できる電話帳や、「いつ」「どこで」「誰を」撮影したのか自動的に分類し、見やすく表示するピクチャー表示なども備えている。

スペックは800万画素のCMOSカメラ×2、4.2インチNEWモバイルASV液晶、重量は約138グラム、外部メモリはmicroSDHCなど。本体色はBLACKとWHITEの2色。

なお、NTTドコモは2011年夏商戦向け新製品・サービス発表会を5月16日に開催。当日の12時15分から、特設サイト(http://docomolive.jp/)でライブ中継される予定だ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.