外国人に人気の日本の観光地、1位は広島県の「宮島・厳島神社」に。

2011/04/27 15:22 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


世界的な景気後退の影響で、ここのところその数は減少傾向にあるものの、2010年は約636万人(日本政府観光局統計より)の外国人観光客が訪日、全国各地の観光スポットなどを訪れている。そうした外国人に人気の観光スポットはどこなのか、世界最大の旅行クチコミサイト・トリップアドバイザーが「外国人に人気の日本の観光スポット」トップ20(http://www.tripadvisor.jp/HotSpotsJapan)をまとめた。  

「外国人に人気の日本の観光スポット」トップ20は、外国人観光客が投稿した口コミでの5段階評価を主軸に、満足度の高かった観光スポットのランキングとして集計したもの。その結果、1位と2位には、ともに広島の世界遺産である宮島(厳島神社)と平和記念資料館(および原爆ドーム)が選ばれた。

1位に選ばれた宮島への口コミは、ほぼすべての旅行者が最高となる5つ星の評価。「地球上で最も美しい場所の一つ」「息をのむほど美しい風景」などのコメントが並び、神社に加えて伝統的な参道のたたずまい、島の美しい自然も高く評価されている。2位の平和記念資料館(および原爆ドーム)は、一方の当事者であった米国からの観光客のランキングで1位に選ばれており、口コミには「人生を変える体験でした」「原爆ドームが残っていることに感謝したい」「すべての子どもたち(もちろん大人も)は、資料館の展示を見るべき」と、高い関心を示すコメントが並んだ。

全体的にはトップ20のうち12施設が寺社や城などの歴史的なスポット。エリア別では、京都が最多の5施設、次いで東京が4施設、広島、長野が2施設で続いた。トリップアドバイザーは昨年まで各国サイトにおけるユーザーの利用動向(ページビューや閲覧時間、クチコミ件数)から集計した「外国人注目の日本の観光地」を発表していたが、常に上位に選ばれていた「築地市場」(09年に1位、10年に2位)は、口コミの投稿数は多く、注目度は高いものの、口コミの賛否が分かれており、今回の総合ランキングではトップ20以下という結果になった。

また、意外なところでは、長野県の「地獄谷野猿公苑」、京都府の「嵐山モンキーパークいわたやま」のニホンザルが見られる2施設が上位にランクインしている。


☆「外国人に人気の日本の観光スポット」トップ20(トリップアドバイザーまとめ)

1位 宮島(厳島神社) 広島
2位 広島平和記念資料館(原爆ドーム) 広島
3位 松本城 長野
4位 東京ディズニーシー 千葉
5位 沖縄美ら海水族館 沖縄
6位 伏見稲荷大社 京都
7位 地獄谷野猿公苑 長野
8位 兼六園 石川
9位 六本木ヒルズ 東京
10位 三十三間堂 京都
11位 浅草寺 東京
12位 姫路城 兵庫
13位 清水寺 京都
14位 新宿御苑 東京
15位 明治神宮 東京
16位 富士山 静岡・山梨
17位 東大寺 奈良
18位 嵐山モンキーパークいわたやま 京都
19位 金閣寺 京都
20位 海遊館 大阪

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.