NTTドコモがバカラとコラボ、「SH-09C」をネット限定で5,000台販売へ。

2011/02/03 18:22 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTドコモは2月3日、バカラとのコラボレーションモデル「SH-09C」を発表した。販売時期は3月を予定しており、台数は全国で5,000台限定。販売チャネルはドコモオンラインショップ(http://www.docomo-onlineshop.jp/)のみで、ドコモショップや量販店、一般の販売店では販売しない。

今回発表された「SH-09C」は、バカラのカットをイメージしたバカラレッドのフロントパネルに、ブランドの象徴でもある“燭台”をデザインしたスペシャルモデル。バカラのモチーフを散りばめ、高級感の漂う端末にまとめている。

また、サブディスプレイのアニメーションではキャンドルの炎を表現し、フロントパネルの“燭台”に灯りをともす演出も。内蔵コンテンツはバカラの代表作品が登場するオリジナル仕様で、待受画面やメニュー画面にはシャンデリア・燭台を、発着信画面やメール送受信画面にはグラスとタンブラーをデザインするなど、内外ともバカラの世界観に包まれた端末だ。

スペックはカメラが1,410万画素CCD、液晶は3.4インチNEWモバイルASV液晶(フルワイドVGA)、防水・防塵対応、Wi-Fi対応(IEEE 802.11b/g/n)など。本体色はRubyのみの展開となっている。

なお、2月4日から28日までの期間、全国のバカラ直営店6店舗とB bar(「バカラ」直営バー)3店舗では参考展示を実施(※広島店のみ2月5日〜28日)。「SH-09C」が気になる人は、この機会に展示をチェックしてみてはいかが?

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.