兄妹の25年間を2分半に凝縮、毎年父親が撮影した成長の記録を編集。

2010/12/30 12:55 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


家庭用ビデオカメラなどで映像を手軽に撮影できるようになって以降、我が子の成長を記録しておく親は多い。その映像は時間が経てば経つほど輝きを増していく宝物。どの親もいずれ見返したとき、鮮明に甦る当時の想い出に浸り、撮影した喜びを感じるはずだ。米国のある男性は、クリスマスに毎年家族の映像を撮影してくれた父親への恩返しにと、兄妹の撮影シーンだけを編集した動画をYouTubeに投稿した。この動画、本人はもとより、妹のこれまでの成長もよく分かる、心温まる動画に仕上がっている。

これは12月25日付で投稿された2分40秒あまりの動画「25 Years of Christmas」(http://www.youtube.com/watch?v=h82XN3zHW4s)。投稿したのは「spoonito」というハンドル名の米国人男性で、動画の説明によると彼の父親は毎年家の階段の下でビデオ撮影をしてきたそうで、現在手元に残されているビデオを編集して作成した動画だという。また、彼が投稿を寄せたソーシャルニュースサイトの「reddit」には「Merry Christmas, Dad!」と綴られており、今回編集した動画は、彼が父親に贈ったクリスマスプレゼントのようだ。

動画は1985年、幼い彼と祖母、母親、まだ赤ちゃんの妹の4人が、家の階段に立っている映像からスタート。約5秒おきに映像は次の年へと変わっていき、同じ階段で撮影された兄妹2人が少しずつ大きくなっていく様子がよく分かる内容だ。走り回るわんぱくな2人がどんどんと大人らしくなっていく90年代には、家族に起こる変化も少し垣間見える。

1991年の映像では、妹が抱きしめている犬が初登場。「reddit」に書かれた男性のコメントには、この年、家族に「世界で最高の犬」が加わったとある。さらに途中から姿を現さなくなる祖母は「1998年に亡くなった」らしい。2人の変化と共に、こうした移り変わりが分かる様子からも、動画をプレゼントされた彼の父親は、時の経過を実感させられていることだろう。

2000年頃になると、兄妹は少年少女から立派な大人に成長。日本では年頃になると家族と一緒にいるのが嫌と思う人も少なくないが、この兄妹は仲良く階段に並んでカメラに収まっているのが仲睦まじく微笑ましい。

そして動画が終盤に差し掛かる2007年には、登場人物に大きな変化が現れた。投稿者は端に追いやられ、妹が初登場の男性と体を寄せ合っている様子が映し出される。この年、妹は彼と結婚したそうだ。

どこか義理の弟に気を遣っているようにも見える投稿者。しかし、最後となる2009年の映像では、妹夫婦と共に3人仲良く座りながら階段を下りてくる様子が映し出され、彼もすっかり家族に溶け込み、仲良くやっているようだ。

この動画は12月29日現在で再生回数が40万回を突破。家族のことを何も知らなくても、彼らの25年間の成長が凝縮された映像は、どこか温かい気持ちになれると好評のようだ。皆さんも一度ご覧になってみてはいかがだろうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.