“泥酔サンタ”の情けない行動、監視カメラに一部始終が記録される。

2010/12/07 13:54 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


もうすぐ訪れるクリスマスに欠かせない存在といえば、なんといってもサンタクロース。トナカイのソリに乗って夜空を駆け周り、プレゼントを配って子どもたちを喜ばせてくれる素敵なおじさんだ。ところが、そんな夢を粉々に打ち砕く(?)行動を取ったサンタクロースがドイツに現れた。駐車場にやってきたサンタさんは、酒を飲み過ぎたのか足元がフラフラ。倒れて派手に車にぶつかったり、立ち小便しているところを人に見られて突き飛ばされたりと、その一部始終が駐車場の監視カメラで撮影され、YouTubeに投稿されている。

なんとも情けないサンタさんが見られるのは、11月13日付で投稿されている「Drunk Santa Caught On Surveillance Cam !!!!!!!!」(http://www.youtube.com/watch?v=Yv29p_w--4w)という動画。「ベルリンの地下駐車場で撮影された」(独ニュースサイトのジャーマン・ヘラルドより)という2分11秒の映像には、サンタクロースの扮装をして酔っぱらった男性が、全く夢のない行動を取り続けている様子が収められている。

動画の開始と共に、画面奥の入り口から現れたサンタクロースの男性は、一目で酔っているのが分かるくらいの千鳥足。右へ左へと体が流れていた男性は、その勢いで突然柱に向かったと思ったら、こちらを背に立ち小便を始める。我慢ができなかったのか、トイレも分からなかったのか、この時点で充分最低なサンタクロースだが、そんな彼をこの後大きなアクシデントが襲う。

用を足してズボンを上げた勢いだけで、後ろに倒れそうになるくらい酔っているサンタさん。再び歩き出したかと思うと、今度は意識が遠のいたのか、右手を頭に乗せて急に立ち止まった。次の瞬間、男性はそのまま前のめりに倒れてしまい、駐車してあった車のトランク部分に顔面を強打。車の持ち主からしたら至極迷惑な話だが、地面に直接顔をぶつけなかったのは幸いだったかもしれない。おかげで何事もなく立ち上がれた男性、今度は画面左のエレベーターホールへと向かった。

フラフラとやってきた男性は、酒の影響で尿が溜まるのも早いのか、ホールの入口で再び立ち止まるとまたズボンをおろしてお尻も露わに。立つのもやっとの感じで何とか用を足していると、そこにエレベーターから男女のカップルが現れた。思わぬ出来事にカップルの男性が突き飛ばすと、サンタさんはお尻を出したまますってんころりん。お尻は出したままながら、外れた帽子は被り直したサンタさんは、その後すごすごとエレベーターに乗り消えていった。

駐車場の関係者は、撮影されたサンタの男性は「運転してはいけないと注意された後、歩いて駐車場を出ていくところだった」と説明。駐車場を出た後は、冷たい空気に触れて「少し回復したようだった」というサンタさんは、バスに乗り込んで家路についたらしい。

これから日本では忘年会が多く開かれる時期。子どものサンタさんにならなくてはいけないお父さんたちは、お酒の量もほどほどに、せめて子どもたちの夢を壊すような行動は起こさないよう気をつけていただきたい。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.