真っ裸でフリーダムすぎる男、はしゃぎすぎて殴られる動画が話題に。

2010/11/06 19:33 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


いい大人が街中で真っ裸になるのは、当然公然わいせつ罪にあたりご法度。しかし、ダメだと分かってはいても、一度何かの弾みで理性が外れて裸になってしまうと、人は一気に開放的になり、自由に振る舞ってしまうのかもしれない。いまYouTubeでは、ロシア人と見られる男性がアパートの敷地内を裸で動き回る、フリーダムすぎる様子が撮影された動画が話題を呼んでいる。

この動画(http://www.youtube.com/watch?v=M-ECMTNcewI)は11月2日付でYouTubeに投稿され、6日時点で再生回数は80万回を突破。撮影された状況についての詳細は不明だが、英ニュースサイトのスモールワールド・ニュースサービスは、裸の男をロシア人と紹介している。ロシア語の動画タイトルには「スタブロポリ」との地名が書かれており、ロシア南部カフカス地方のスタブロポリという場所に関係があるのかもしれない。

7分半あまりの動画は、多数の車が並んでいる高層アパートの駐車場らしき場所に、スッポンポンの男が立っているシーンからスタート。隣のアパートの上層階に住んでいる人が撮影したようで、音声は記録されていない。映し出されているのは、誰かに裸を見せるのが目的という感じでもなく、ただ1人で奇妙な行動をとる謎の男。右手を股間に持っていったかと思えば、近くの車のボンネットに座り、両足を空に向けて広げるなど、その様子はまさにフリーダムだ。

ところが、その行動は徐々にエスカレート。近くの車が動き出せば前に立ち塞がり、挑発するように運転手へ中指を突き立て、フロントガラスを両手で叩きワイパーを破壊してしまった。このドライバーが相手にせずに立ち去ると、今度は男は近くの車の上に飛び乗り、勝ち誇ったように飛び跳ねる。その躍動感ある動きは当人にとってはとても楽しそうに見えるが、他人に直接的な迷惑をかけ始めた男性には、この後、ついに罰が下った。

駐車場に並ぶ車の屋根の上をぴょんぴょんと渡り始めた男の先には、車の所有者らしき人の姿。そして、ファイティングポーズを見せるなど、どこまでも挑発的な男に、怒り心頭の所有者は強烈な左フックを炸裂させる。その後もさんざん殴られながらも男は執拗に食ってかかり、さらに2分後には騒ぎを聞きつけたのか、複数の男性住民たちによってボコボコに殴られ芝生に寝転んでしまった。

かくして優しい住民にタオルを掛けられ、呆れている住民に取り囲まれたところで動画は終了。YouTubeのコメント欄には、アルコールやドラッグの影響を指摘する人も多いが、実際のところはよく分かっていない。他人事ならば笑って見ていられるかもしれないが、周囲の人にしてみれば至極迷惑な話。常識として当たり前のことではあるが、いい大人ならばしっかりと自制して行動して欲しいものだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.