auが「本気」の冬春モデルを発表、“禁断のアプリ”は「Skype」対応。

2010/10/18 13:12 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


KDDIは10月18日、auの新商品発表会を行い、2010年冬から2011年春にかけて発売する「本気」の新端末を発表した。また、先日「IS03」の発表会で“禁断のアプリ”の投入を予告していたが、これが「Skype」であることも明かされている。

今回発表されたのはスマートフォンが「REGZA Phone IS04」(東芝製)など3機種、通常端末が「G'zOne TYPE-X」「EXILIMケータイ CA006」(カシオ計算機製)や「BRAVIA Phone S005」「URBANO MOND」「Cyber shotケータイ S006」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)、「AQUOS SHOT SH010」(シャープ製)、「T005」(富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製)など14機種、「iida」が2機種、電子書籍専用端末が1機種、モバイルWi-Fiルーターが1機種、タブレット型端末が1機種。これにすでに発表済みのスマートフォン「IS03」(シャープ製)を加えたのが冬春モデルのラインアップとなる。

端末のほかに、大きな発表だったのが“禁断のアプリ”の「Skype」対応。KDDIはSkypeとアジア初の戦略的な包括提携を結び、スマートフォン以外にも、2011年中には通常端末(BREW搭載端末)にアプリを搭載していくなど、今後、目玉サービスのひとつとして展開していく方針だ。その特徴はデータ通信網ではなく、auの携帯電話網を使用した安定した音声品質と、専用アプリによる電池持ちの良さ。KDDIによると、「Skypeの既存アプリの改善要望点の上位60%が解消」されているという。

また、SNSやTwitterなど、16のネットコミュニケーションサービスを一つのスマートフォン向けアプリで自由自在に扱える「jibe(ジャイブ)」も発表。各サービスの“まとめ読み”や“まとめて投稿”ができるほか、携帯電話のアドレス帳やSNSの友人、気になるお店なども簡単にアドレス帳に登録できる。

発表された新機種は次のとおり(一部。詳細は特設サイトを参照 http://www.au.kddi.com/seihin/shinkishu/)。

【スマートフォン(ISシリーズ)】
「IS04(REGZA Phone)」(東芝製)
Android 2.1搭載/ISシリーズ初の防水対応/4.0インチ液晶/12.2メガカメラ/ハイビジョン動画撮影/ワンセグ/おサイフケータイ/無線LAN対応/Bluetooth 2.1+EDR/本体色はブラック、ホワイト

「IS05」(シャープ製)
Android 2.2搭載/カジュアルスマートフォン/3.4インチ液晶/8メガカメラ/ハイビジョン動画撮影/ワンセグ/おサイフケータイ/無線LAN対応/Bluetooth 2.1+EDR/本体色はホワイト、ピンク、グリーン×ブラック

「IS06 SIRIUS α」(パンテック製)
Android 2.2搭載/3.7インチ液晶/5メガカメラ/ハイビジョン動画撮影/無線LAN対応/Bluetooth 2.1+EDR/本体色はチャコールブラック、ピュアホワイト


【iidaシリーズ】
「X-RAY」
ケータイの“内側”をデザイン/透明ケース越しにプリント基板、集積回路などの電子部品が見える/デザイナーは吉岡徳仁氏/3インチ液晶/8メガカメラ/ワンセグ/おサイフケータイ/本体色はRED、BLACK、BLUE

「G11」
「G9」の後継モデル/デザイナーは岩崎一郎氏/3.2インチ液晶/8メガカメラ/ワンセグ/おサイフケータイ/本体色はBLACK+BLACK、ORANGE+BLACK、BLUE+WHITE

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.