猛暑で夏痩せより夏太り増加、「太った?」と言われ焦るのは異性より同性。

2010/09/27 12:04 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


記録的な猛暑に見舞われた今年の夏は、大量の汗をかき、食欲も湧かず、バテ気味だった人も多いのではないだろうか。そんな過酷な今夏の体重変化や体型と夫婦仲の関係などを探るべく、ネスレ日本のエアロリサーチラボはカロリーとダイエットに関する調査を行った。

この調査は「ネスレ エアロ」リニューアル記念で実施する「エアロ カロリーポイントキャンペーン」(http://nestle.jp/brand/aero/)に合わせ、1年以内にダイエットを実施/既婚/小学生の子どもがいるという全国の30〜40代女性400人を対象に行われたもの。まず、「この夏、体重の増減に関してどうでしたか」とたずねたところ、最も多い回答は「少し太った」(31.8%)だった。以下、「少し痩せた」(25.5%)、「変わらない」(18.8%)、「太った」(14.8%)と続いている。

全体的に見ると、「痩せた」と「少し痩せた」を合わせた“痩せた人”(29.5%)よりも、「太った」「少し太った」「部分的に太った」を合わせた“太った人”(51.9%)のほうが多い。そこで「太った」と回答した51.9%の人にその原因をたずねたところ、トップは「運動不足」(45.4%)で、これに「お菓子を食べ過ぎた」(19.3%)が続いた。猛暑で運動する気力が湧かず、冷たいアイス類などを摂取しすぎた、あるいは元気を出すために甘いモノを食べ過ぎた――そんな傾向がうかがえる結果と言えそうだ。

次に「誰に『太った?』と言われたとき、一番焦りを感じますか」との質問では、「夫」(22.8%)、「異性友人・知り合い」(8.5%)という男性を抑えて、圧倒的多数で1位だったのは「同性友人・知り合い」(47.0%)。ただ、中には「誰に言われても焦りは感じない」(4.8%)もいた。  

さらに「痩せたときに、旦那様の反応に変化はありましたか」とたずねたところ、約5割が「とくに変化はない」(46.6%)。以下、「喜んでくれた」(25.2%)、「褒めてくれるようになった」(15.3%)、「体調を心配された」(9.2%)と続いた。また、「その他」(1.5%)の中には「夫もダイエットを始めた」と、妻が痩せたことに影響を受け、仲良く夫婦でダイエットをした人もいるようだ。

この調査では、「あなたが、理想体型だと思う女性有名人は誰ですか」についても聞いている。その結果、最も支持されたのは「藤原紀香」に。「同年代だけど女っぽくて、セクシー」「健康的」と、同年代でも20代の頃と変わらない美貌に憧れる女性の声が多く寄せられた。以下は「米倉涼子」「松嶋菜々子」「黒木メイサ」「安室奈美恵」の順。全体的に支持の理由として共通していたのは「細すぎない、女性らしい引き締まった体」という点で、細いだけではなく、ほどよく筋肉がついて、メリハリがある――そんな体型への憧れが結果に表れている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.