見るも楽しい「虹のカクテル」、1つのシェイカーから次々と異なる色。

2010/09/25 12:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


アルコールの効果だけでなく、見た目や匂いからも飲む人を酔わせてくれるカクテル。ジントニックなどの定番からオリジナルまで、バーテンダーが持つシェイカーからは、実にさまざまなカクテルがグラスに注ぎこまれる。そこで、どれだけ人を魅了する飲み物が作れるかというのも、バーテンダーの腕の見せどころ。先日、YouTubeに投稿された、1つの大きなシェイカーからグラスごとに色の違うカクテルが注がれていく動画は、まさにカクテルだからこその凄さや楽しさを感じられる映像だ。

9月23日に投稿された「Rainbow Cocktails」(http://www.youtube.com/watch?v=lZNTelpaRYU)は、酒の好き嫌いに関係なく楽しめる17秒の動画。大きなシェイカーを右手に持つバーテンダーは、カウンターに並べられた9つのグラスに次々とカクテルを注いでいく。シェイカーを傾けると、まずは最初のグラスが濃いエメラルドグリーンの液体で満たされるが、シェイカーが2杯目のグラスに移ると、液体は明るいモスグリーンへと変化している。

グリーンから黄色へと変化した液体は、その後さらにオレンジを経て赤へ。アッという間に9杯すべて注ぎ終わったとき、並んだグラスには変化の過程を示すように、鮮やかなグラデーションのカクテルが出来上がる。これが、「レインボーカクテル」というわけだ。

バーに通う人ならご存知かもしれないが、実は「レインボー」と呼ばれるカクテルも存在している。こちらは1杯のグラスの中に比重が異なるスピリッツやリキュールを混ざらないように丁寧に注ぎ入れ、それぞれが7色の層に分かれて出来た飲み物。ほかにも2種類の層を作るフロートという技法や、それ以上の層を作るプース・カフェというカクテルもあり、今回の動画ではその技をシェイカーの中で行ったようだ。

何とも美しい「レインボーカクテル」だが、あとは美味しいのかどうかが気になるところ。どの色もカクテルとして違和感なく、どれも美味しそうに見えるが、ともあれ見るも鮮やかな一連の流れを、ぜひ一度ご覧になってみてはいかがだろうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.