自分の体験が「ドラえもん」に登場、小学館が入学式エピソードを募集。

2010/09/01 15:57 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


人生の中で幾度も迎える節目の中でも、小学校の入学式は特別なもの。入学する本人はそれまでと大きく異なる新生活へのワクワク感を抱き、親は子どもの成長を感じる大きな行事となるが、そんな小学校の入学式と、その前後のエピソードを小学館の学習雑誌(「小学一年生」「小学二年生」「小学三年生」「小学四年生」「GAKUMANplus」)が募集している。この企画、素敵なエピソードは2011年3月に放送予定のアニメ「ドラえもん」の中に登場するという、ファンにとっても嬉しいビッグなプロジェクトだ。

今回募集するのは、自分の想い出や、子ども、家族、親戚の体験など、実話であれば何でもOK。ドキドキの入学式、新品のランドセル、新しい教科書、初めての担任の先生……などなど、初モノ尽くしの小学校の入学式前後の楽しく、心温まるエピソードなどを募る企画だ。

素敵なエピソードは「ドラえもん」のアニメストーリーとして制作。来年3月に「のび太の小学一年生 ピッカピカ入学式(仮題)」として放送する予定だ。普段は小学5年生ののび太が一年生に戻り、寄せられたエピソードと一緒にテレビに登場するという。

応募方法は400字以内にまとめたエピソードを郵便(〒101-8001 東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館 マーケティング局宣伝グループ「ドラえもん入学式エピソード募集」係)、ネットの募集フォーム(http://family.shogakukan.co.jp/)から投稿。審査は水田わさび(ドラえもん声優)、善聡一郎(テレビアニメ監督)、藤子プロ審査員、テレビ朝日審査員、シンエイ動画審査員、小学館学習雑誌編集長が行い、まず100人を入選作品として選ぶ。アニメに登場するのは、その中からさらに絞り込んだエピソードだ。

締め切りは11月1日必着。自分の想い出が「ドラえもん」に登場するという貴重なチャンス、素敵なエピソードがある人は、チャレンジしてみてはいかが?

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.