ニコ動発の新たな才能、VOCALOIDプロデューサー“ゆうゆ”がデビュー。

2010/09/01 12:49 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ニコニコ動画で活躍する人気VOCALOIDプロデューサー“ゆうゆ”が、9月15日にアルバム「四季彩の星」でメジャーデビューを飾る。これまでに初音ミクをフィーチャーした代表作「桜の季節」(70万回再生)、「白の季節」(50万回再生)など、新曲がアップされるたびに注目を集めてきた“ゆうゆ”だが、8月21日に鏡音レンをフィーチャーした新曲「飛雷震」(※アルバム収録曲)の動画、9月1日に初音ミクをフィーチャーした新曲「深海少女」(同)の動画が公開され、ニコニコ動画で盛り上がりを見せているようだ。

「飛雷震」の動画がアップされてから約1週間強。同サイトユーザーの反響を呼ぶには時間はかからず、8月30日付けのニコニコ動画VOCALOID週間総合ランキングでは8位にランクインしている。

そんなVOCALOIDファンから熱い眼差しを注がれる“ゆうゆ”のメジャーデビューについて、かねてから親交の深い、同じくVOCALOIDプロデューサーsupercellのryo氏は「初めて知ったのはニコニコ動画で聴いた『白の季節』。驚いたのはミックス、音のバランスのうまさ。それから曲間に華を添える立体的かつ効果音的なギミック。本作ではまさにそういう宅録の境地的『ゆうゆサウンド』を堪能することができます。それにしても初期衝動そのままにこういったギミックをリスナーには一切気にさせずに最初から最後まで聴かせてくれる事ができるアーティストは世の中見渡しても稀少だと思います。色眼鏡抜きで音楽好きな人にはまずは一回聴いてもらいたいですね。すごいなって思う人の作品って最初にビリビリってなんかくるものがあるんですけど、それがある人です。今後の活躍も期待してます!」とコメント。

また、“ゆうゆ”もアルバムの完成にあたり、「最初はただのゲーム音楽ファンで、真似事をして満足していただけの少年だった自分が、気が付いたらこんな所まで来ていた……。自分の事なのに未だに現実味が無いというか。そんな風に歩んできた道の中で出した、僕なりの一つの答えが籠められた一枚が出来上がりました。僕が小さい頃に音楽に夢を見たように、誰かに届いたら……なんて言うとおこがましいですが、この一歩が、皆さんの新たな一歩のきっかけになったら素敵だなぁなんて思います。うちの子達をどうぞ宜しくお願いします。あわよくば僕も、なんちゃって。」と、メジャーデビューを前にした心境を告白している。

なお、9月1日からは、ドワンゴでは「深海少女」の着うた、着うたフルの独占先行配信がスタート。また、ゆうゆfeat. 初音ミク、鏡音リン・レン「四季彩の星」の詳細は、特設サイト(http://www.yuu-yu.jp/)で公開中だ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.