「ピッチでピチピチ」に大反響、サッカーの釣りパフォーマンスが話題に。

2010/07/29 06:44 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


サッカーで得点を決めた選手が喜びを表現するゴールパフォーマンス。軽やかにステップを踏んで踊ったり、結婚指輪にキスをしたりといった具合に個人的に行うものから、ゆりかごダンスのように複数の選手が一緒に行うものまで、その表現の仕方は実にさまざまだ。そうしたパフォーマンスは時に見ている観客の心をグッと掴むが、いま、アイスランドのプロ選手たちによる芸の細かい“協力プレー”がネットで大反響を巻き起こしている。

このパフォーマンスが見られるのは、YouTubeに投稿された動画「Best celebration ever in football」(http://www.youtube.com/watch?v=AKlucE-5nIM)。7月26日にYouTubeに投稿されると、わずか2日後の28日の時点で再生回数が200万回を突破し、英メディアを中心にその人気ぶりが伝えられている。

気になる動画は20秒あまりの短いもの。ゴールを決めた10番の選手が、抱きつこうと寄ってきた選手をかわすと、何やら竿を投げる釣りのパフォーマンスを始める。リールを巻くしぐさを見せると、画面の隅からピッチに横になりながらピチピチとはねる“魚”の選手が出現。“魚”を釣り上げ、ほかの選手たちと共に抱えたところを、今度は“カメラマン”の選手が記念にパチリと集合写真を撮るマネをするという、なにやらコントじみた凝ったパフォーマンスになっている。

英スカイニュースによると、パフォーマンスを行ったのはアイスランド1部リーグのストヤルナンFCの選手たち。撮影されたのは7月25日に行われたvs.フィルキル戦で、チームは前半に1点リードされる苦しい展開だった。ところが後半、エースストライカーで10番を背負うハルドール・オーリ・ビョルンション選手が同点ゴールを決めると、さらに終了間際でPKを獲得。それが動画に収められているシーンで、このビョルンション選手のPKでチームは2-1と勝利を手にした。土壇場での逆転という爆発する喜びを表現したのが、7選手による釣りパフォーマンスだったというわけだ。

YouTubeのコメント欄には「hahaha」「クリエイティブな奴らだ」「今までで最高の祝い方」など、純粋にパフォーマンスを楽しんでいる声がズラリ。サッカー好きでなくとも思わず見入る芸達者な選手たちのパフォーマンス、皆さんもご覧になってはいかがだろうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.