「カップヌードル」がごはんに、即席カップライスを近畿地区で先行発売。

2010/07/26 15:08 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


カップめんの定番中の定番「カップヌードル」の味をごはんで再現――。そんな新商品「カップヌードルごはん」を日清食品が開発した。8月16日から近畿地区(大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県)先行発売で、販売エリアは順次拡大していく予定。価格は250円(税別)。

今回発売されるのは「カップヌードルごはん」と「カップヌードルごはん シーフード」の2種類。電子レンジで調理するタイプの商品で、箱に水と具・味付けの素を入れて5分30秒(500Wの場合)加熱、仕上げに香味油を入れるだけで完成する。

その味は「カップヌードルに忠実」(日清食品より)。スープの味のみならず、めんの味やフライした風味を取り入れるなど、“カップヌードルらしさ”を前面に押し出したものだ。具材は「カップヌードルごはん」がコロ・チャー (角切りチャーシュー)、たまご、エビ、ネギ。「カップヌードルごはん シーフード」はキャベツ、たまご、イカ、カニ風味カマボコ、ネギ、貝柱が入っている。

なお、商品開発にまつわるエピソードは7月26日から特設サイト(http://www.cupnoodle.jp/gohan/)で公開していく予定。どんな秘話が明かされるのか、こちらも注目だ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.