猛スピードで突っ込み車飛ぶ、1週間で300万回再生された事故動画。

2010/06/09 13:22 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


高速道路の料金所に猛スピードで突っ込み、自動車が大破する事故は日本でもしばしば起きている。死亡事故に繋がるケースも多く、テレビのニュース番組などではそうした“暴走車”のシーンを目にする機会もあるが、先日、YouTubeには米国で発生した料金所事故の映像が投稿された。この動画、わずか12秒と短いものながら、事故を起こした車の飛びように衝撃を受ける人が多いようで、投稿から約1週間で再生回数が300万回超えるなど、大きな反響を呼んでいるようだ。

「Drunk Driver Goes All General Lee Out of DFW」(http://www.youtube.com/watch?v=tWk4MCQaHrc)とのタイトルが付けられた動画は、6月2日に投稿されたもの。テキサス州のダラス・フォートワース国際空港から外に出る場所に設けられた料金所で、記録された撮影時刻は6月1日午前6時13分頃を示している。

映像はズラリと並んだ料金所のレーンすべてが映るよう、道路の脇に設置されたカメラから撮影。次々とレーンに入るために減速、もしくは順番待ちで停止している車7〜8台を映し出している中、画面右手から猛スピードの車がやって来る。車は全くスピードを緩めることなく、レーン側壁に乗り上げ、発射台から打ち出されたように勢いよくジャンプ。まるでハリウッド映画のカーアクションシーンかと思うほどに、すっ飛んでいく姿が捉えられている。定点カメラのため“その後”の様子を映像からうかがい知ることはできないが、そのスピードと、飛んで行った先が料金所の狭いレーンであることからも、大変な事故を想像させる映像だ。

動画をYouTubeに投稿した米紙ダラス・オブザーバーによると、この事故は酩酊状態のドライバーによる飲酒運転事故で、ドライバーはすぐに逮捕されたという。同紙は料金所を過ぎた先で炎上している車の写真も掲載しているが、幸い、重傷者や死亡者は出なかったそうだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.