卒業スピーチで“逆プロポーズ”に喝采、彼氏もキスで応え大成功。

2010/05/19 11:24 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


日本では新学期が始まったばかりだが、米国では今が卒業式シーズン真っ盛り。先日、ある大学で行われた卒業式では幸せなサプライズがあり、それを皆で祝福するという素敵な出来事があった。

この出来事は5月15日、ニュージャージー州にある大学センチネル・カレッジの卒業式でのこと。エミリー・ホーリーさんは卒業生代表として、壇上でのスピーチに臨んでいた。彼女は成績の平均を表すGPA値が、最高値である4.0という文句なしのエリート学生。そんなホーリーさんは勉学に勤しんだだけでなく恋愛もしっかり謳歌し、メーン州の高校時代から7年間交際を続けている彼氏のジョシュ・ウォーカーさんと一緒にセンチネル・カレッジへ進学、愛を育みながら大学生活を楽しんでいた。

日本の大学なら、つい気が緩んでしまいがちな学生生活だが、この2人の凄さは首席の彼女だけではない。ウォーカーさんのGPAも3.99で「首席の次に高いGPA」(米地方紙デイリー・レコードより)、つまり2位の成績を取っていた秀才だ。

そんな優秀な2人の交際は7年間も続いていたこともあって、以前から「結婚について話し合っていた」そう。そこでホーリーさんは卒業生代表としてスピーチする機会に、ウォーカーさんに“公開逆プロポーズ”をする計画を立てた。ほかの学生たちにとっても思い出となる式を、より忘れられないものにしようと画策したらしい。

そして迎えた卒業式当日。ホーリーさんのそのときの様子を収めた動画が、大学によってYouTubeに「Perfect GPA, Perfect Match!」とのタイトルで投稿されている(http://www.youtube.com/watch?v=fSf1MtC9Ytw)。壇上に座る関係者らを前に、笑いも誘いながらスピーチを行うホーリーさん。スピーチのクライマックスに「クラスメートに最後の別れの挨拶」をするタイミングでウォーカーさんを壇上へ呼び出すと、「みんなの時間を取ってごめんなさい」(米放送局CBSより)と切り出し、計画を実行に移した。見つめる彼女に笑顔で応えるウォーカーさんは、彼女から「Will you marry me?」と逆プロポーズを受けると、人目を気にすることなく抱き寄せ、キスでこれに応えている。

この幸せなサプライズを見届けた卒業生や関係者らは歓声を上げながら拍手喝采。YouTubeには学生の家族が映したと見られる動画「Valedictorian speech, Centenary College 2010 graduation 」(http://www.youtube.com/watch?v=qXd11bKNcj4)も投稿されており、客席からの様子も確認できる。「400人以上の卒業生に、友人や家族」という多数の出席者からは、7分30秒過ぎから始まるプロポーズを見届けると大歓声と拍手が起こり、学生たちは総立ちとなった。ちなみに、この話題はたちまち全米に伝わり、5月17日にはCBSの人気ニュース番組にゲストとして招かれるほど、注目を集めているようだ。

壇上での予想外のプロポーズに「ぞくぞくした」と話すウォーカーさん。一方のホーリーさんは、前々から結婚の話をしていたおかげで、実は「彼が“Yes”と答えるのを分かってた」(米放送局WFMZ-TVより)と話している。計算通りのプロポーズを成功させた時点で、夫婦の主導権は妻が握ってしまったのかもしれない。

新社会人となる9月からはホーリーさんは馬のトレーナーとして、ウォーカーさんは歴史の先生として働き始めるそう。2人が幸せな家庭を築いていくよう祈りたい。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.