バス車掌の“優しさ”に称賛の声、車内の小さな出来事を収めた動画が話題に。

2010/05/08 10:55 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


現在の日本の路線バスは運転手のみのワンマンカーが一般的だが、中国では車掌も乗務するツーマンカーが頻繁に走っている。そのため車掌と乗客の交流は日常的で、世間話をしている姿や言い争いを目撃する機会も多い。そんなバスの中で、先日ある女性車掌を撮影した動画がネットにアップされ、話題を呼んでいる。映っているのは車掌が乗客にしてあげたささやかな行動なのだが、その優しさに心打たれた人が多いようだ。

「北京で最も人を感動させる車掌さん」(http://v.youku.com/v_show/id_XMTU5ODA1NTY0.html)とのタイトルが付けられたこの動画は、今年3月20日に撮影され、中国の動画サイト「youku.com」にアップされたもの。動画は女性の裸足とその脇に置かれた1対のスポーツシューズがクローズアップされているシーンから始まる。

そして「(バス停の)海淀黄庄北に着く目前……」とのテロップ。これだけでは何の動画なのかよくわからないが、続くシーンでそれが判明する。車掌がその裸足の女性に靴を履かせてあげているのだ。車掌は女性の前でひざまずき、片足ずつ手に取って靴を履かせ、靴紐をギュッと結ぶ。そして靴を履かせ終えた車掌は、何事もなかったように車掌席へと戻っていく……というのが一連の流れだ。

動画は公開3日間で再生回数が25万回を突破。500件を超すコメントは車掌に対する称賛の声と、これが本当の出来事なのかを疑問視する声で真っ二つとなり、ついに地元メディアが動くことになった。

中国紙京華時報によれば、この車掌は名前を高輝さんと言い、動画が撮影された320路線バスにいつも乗務しているという。高さんは当時の状況を振り返りながら「彼女は精神的な病を抱えているようでした。彼女がバスの中で突然靴を脱ぎ出し、私は不思議に思いました」と語る。と言うのも、その日の北京はとても寒かったそうで、高さんは綿入りの靴を履いていたにも関わらず、足がかじかむほどだったからだ。

高さんは女性が履きやすいよう、脱ぎ捨てられていた靴を揃えて置いてあげることに。しかし、それからバス停を2つ過ぎても女性は靴を履こうとしない。高さんは彼女に「靴を履いたほうがいいですよ」と声をかけたが、それでも反応なし。結局、高さんは動画のように半ば強引ながら、女性に靴を履かせてあげることにしたわけだ。

この日起きた出来事を単純に振り返れば「車掌が乗客に靴を履かせてあげた」という、ただそれだけのことかもしれない。しかし動画を繰り返し見ているうちに、このささやかな行動が誰でもできるようなことではないと改めて気付かされる。それが多くの人たちから共感を集めている所以でもあるだろう。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.