「電車でGO!」がニンテンドーDSで復活&初登場、山手線を完全再現。

2010/04/28 16:02 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


1996年にアーケードゲームとして産声を上げたタイトーの鉄道運転シミュレーションゲーム「電車でGO!」シリーズ。これまで家庭用ゲーム機や携帯ゲーム機、ケータイ、パソコンなどさまざまなハードに移植され、一世を風靡してきた名作だ。同シリーズは2004年5月に発売されたプレステ2向けの「電車でGO! FINAL」で一応の区切りを迎え、以降は移植作を中心とした展開となっているが、久々の新作としてニンテンドーDS向けに「電車でGO!特別編〜復活!昭和の山手線〜」がスクウェア・エニックスから発売されることになった。7月22日に発売で、価格は5,219円(税込み)。

「電車でGO!特別編〜復活!昭和の山手線〜」は、山手線命名100周年を記念した“特別編”。東京の中心部を走る山手線の最新車両を操作できるほか、昭和30年〜50年の時代を体験できる“昭和モード”を搭載し、当時の車両だけでなく風景もその時代のものが楽しめる。   

また、本物と同じ長さを走行可能な“リアル路線長”を実現。DSのタッチパネルだからこその“タッチマスコン”で本物のような操縦を体感可能だ。そのほか山手線にまつわる「山手線検定」や「昭和写真コレクション」などのお楽しみコンテンツも搭載している。

なお、「電車でGO!」は山手線命名100周年記念を中心としたさまざまなコラボ企画を準備中。詳細は公式サイト(http://www.square-enix.co.jp/densya/)などで順次発表していく予定だ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.