「IPサイマルラジオ」は予想を遙かに超える結果、1週間で約4,710万PV。

2010/04/07 18:06 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


“パソコンがそのまま受信機になる”の触れ込みで、3月15日から試験配信が始まったIPサイマルラジオの「radiko」が絶好調だ。4月7日にIPサイマルラジオ協議会が発表した試験配信の近況によると、開始から1週間の3月21日時点で、総ストリーム数は523万、ウェブページの総PVは約4,710万PVと、予想を遙かに超える結果になったという。

「radiko」はラジオの放送をインターネットでサイマル配信(※同じ内容の番組を異なる媒体で同時に放送すること)するサービス。近年、苦境が伝えられるラジオが復活する可能性を秘めたサービスとして、開始前から多くの注目を集めていた。サービス開始時にはアクセスが集中し、サイトに繋がりにくい状況だったが、現在はシステム増強により、聴取環境は改善されている。

ユーザーの反響は大きく、ラジオ放送エリアにも関わらず聴取環境が良くなかった聴取者からは、雑音の無い高音質のラジオ番組を聴けることに対して高い評価が寄せられているそう。また、聴取習慣のない聴取者から「聴いてみたらおもしろい」「新しい楽しみが増えました」といった声や、過去に熱心なラジオファンだった人たちから「久しぶりにラジオに戻ってきた」という声が同協議会に届いているそうだ。

時間帯別の聴取状況は、夕方から深夜にかけて聴取者が増加するという、通常のラジオ放送の聴取パターンとは異なる傾向も。そのため同協議会は「新たな聴取シーンを生みだし、より広い聴取者を獲得している」と見ている。

今後はブラウザを起動しなくても聴取できる「radikoガジェット」(4月12日リリース)を準備しているほか、スマートフォンへの対応、ネットとラジオの新しい連動サービスも検討しているという。聴取環境や楽しみ方が一気に広がったことで、これからラジオの“反撃”が本格化していきそうだ。


☆IPサイマルラジオ実用化試験配信概要
URL:http://radiko.jp
試験配信期間:2010年3月15日(月)〜2010年8月31日(火)
配信地域及び放送局:
<関東地区>
配信地域:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
放送局:TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI 、InterFM、TOKYO FM、J-WAVE
<関西地区>
配信地域:大阪府、京都府、兵庫県、奈良県
放送局:朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKA

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.