“恋のスタート”三種の神器は? 春に始めたいことの1位は「恋愛」。

2010/04/06 18:06 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


年度が切り替わり、新しい生活が始まる春は、恋愛に繋がるような新しい“出会い”が多い季節でもある。そこで下着力向上委員会は「恋愛するときに変わるもの(こと)と下着の関係」について意識調査を実施した。

この調査は首都圏在住の20代と30代の男女600人(恋人の有無×年代×男女の計8セル、各セル75人)を対象に行われたもの。まず、「この春、始めようと考えていること」を複数回答でたずねると、男女ともに「恋愛」がトップとなった(男性43.3%、女性46.7%)。新生活の始まりとともに、心機一転、新たなパートナーとの巡り会いを期待する人が多いようだ。

「恋愛」以下は女性が「ダイエット」(40.0%)、「勉強」(29.3%)、「貯金」(29.3%)、男性が「勉強」(32.7%)、「貯金」(30.0%)、「筋力トレーニング」(30.0%)と続き、男女ともに自分自身の向上を目指す項目が上位を占めている。

次に「恋人ができたら新調するもの」について複数回答でたずねると、男女ともに多かったのは「洋服」「下着」「靴」に。この結果に同委員会は「これらのアイテムは、まさに恋愛の三種の神器とも言えるかもしれません」としている。また、男女別の回答をみると、女性も男性も、人目につく「アクセサリー」(女性3位、男性圏外)や「靴」(女性圏外、男性3位)よりも「下着」(男女とも2位)が高いことから、恋愛では「他人には見えない部分にまで気を使っている」ことがわかった。

これに関連して、女性に対し「デートのときに気を使うもの」についても質問。すると、1位は「洋服」(88.7%)で恋人ができてから新調するものと同じだったが、「恋人がいないとつい気を抜いてしまう物(こと)」についての質問では、「むだ毛」と「下着」が、「洋服」よりも高い結果となった。そのため、同委員会は「女子力の高さは、『むだ毛』や『下着』にまで気を使えるかに表れる」としている。

下着力向上委員会は「見えないところにも気を配り、恋愛力を高めたい」女性のための“下着力”向上コンテンツ「I LOVE SHITAGI.com」(http://www.i-love-s.com/)を運営。“下着”に関する知識を身につけることを「下着力アップ」と定義し、さまざまな情報を発信している。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.