集英社が「ウルトラジャンプ」緊急重版、ジョジョ関連企画が大好評。

2010/03/26 20:31 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


3月19日発売の「ウルトラジャンプ」4月号が絶好調だ。同号には荒木飛呂彦とルーヴル美術館との共同プロジェクト作品「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」の前編と、連載作品の「STEEL BALL RUN」が掲載されたほか、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの通算100巻到達を記念した「JOJO'S BIZARRE ADVENTURE VOL.100.5」が別冊付録として付いているが、好評のため緊急重版が決定。4月3日から新たに3万部が店頭に並ぶ。

「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」はルーヴル美術館が展開する「バンド・デシネ(漫画)プロジェクト」第5弾作品として荒木飛呂彦が描き下ろした作品。「ジョジョの奇妙な冒険」第4部に登場する漫画家の岸辺露伴が、ルーヴル美術館で“この世で最も黒い絵”に遭遇して……というストーリーが展開されていく。

フランスでは4月に単行本の刊行が予定されており、これに合わせて「ウルトラジャンプ」では4月号(3月19日発売)、5月号(4月19日発売)、6月号(5月19日発売)の3号連続で、前編・中編・後編、合計123ページを掲載。また、各号には「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」が誕生するまでをまとめた記事を掲載するほか、WEB増刊「ウルトラジャンプエッグ」(http://ultrajumpegg.com/)では、その記事の拡大版を掲載している。

別冊付録の「JOJO'S BIZARRE ADVENTURE VOL.100.5」は、ウルトラジャンプ連載陣など漫画家20名からのイラスト付きメッセージ、荒木飛呂彦直筆メッセージ、「STEEL BALL RUN」初期デザイン集などが収録されたスペシャルな企画。ファンなら手元に置いておきたい小冊子だ。

「ウルトラジャンプ」4月号をまだ手に入れてない人は、重版が店頭に到着する4月3日をお楽しみに。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.