「必殺」シリーズや「はぐれ刑事純情派」の名優・藤田まことさんが死去。

2010/02/18 12:05 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


数々の映画やドラマで活躍した名優の藤田まことさんが、17日、大動脈瘤破裂のため亡くなった。76歳。 

藤田さんは、1960年代に白木みのるや財津一郎とともにコメディ番組「てなもんや三度笠」で一世を風靡。1970年代は時代劇「必殺」シリーズの主役・中村主水役に起用され、これが当たり役となり、時代劇スターとなった。

その後、現代劇にも多数出演。1988年に始まった「はぐれ刑事純情派」(テレビ朝日系)の安浦刑事役は「必殺」シリーズと並ぶ当たり役となり、2005年放送の第18シリーズまで制作される息の長い作品となった(※その後もスペシャルとして2009年まで放送)。また、バラエティ番組にも数多く出演している。

しかし2008年には食道がんで舞台「剣客商売」を降板。昨秋は連続ドラマ「JIN−仁−」(TBS系)に新門辰五郎役として出演予定だったものの、撮影前に受けた検診で「慢性閉塞性肺疾患」(COPD)と診断され降板、同役は中村敦夫が代役を務めている。以降、藤田さんは闘病生活を送っていた。

プライベートではプロ野球の近鉄バファローズ(消滅)の熱心なファンだったことでも知られている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.