野生クマの冬眠ライブ中継が大人気、1月中に貴重な出産シーンも。

2010/01/21 15:21 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


冬眠する動物は、巣穴の中でどのような状態なのか。ドキュメンタリー番組や、動物園の人工冬眠展示などで目にする機会はあるが、その姿をじっくり見たことがあるという人はそう多くはないだろう。しかし今なら、冬眠する野生のクマをライブ中継で見ることができる。米国の研究所が「いつでも冬眠しているクマの様子が見られるように」と、カメラを巣穴に設置してライブ配信を実施。間もなく貴重な“冬眠中の出産”シーンも見られるとあって、話題を呼んでいるようだ。 

この冬眠ライブ配信は、ミネソタ州でクマを研究している「North American Bear Center」と、野生動物の研究を行う「Wildlife Research Institute」の共同プロジェクトとして、1月8日から撮影されているもの。その様子は「WILDEARTH.TV」というサイトに開設されたページで見ることができる(http://www.wildearth.tv/static/wildearth/bearden.html)。  

同ページの情報によると、撮影しているのはカナダ国境近くの森の中で冬眠中のアメリカグマ・リリー(メス/3歳)。クマは3歳には体が整い、冬眠中に出産することは知られているが、「North American Bear Center」のリン・ロジャース氏は、リリーの身体的変化を確認し、1月中にも出産すると見ているそうだ。

ロジャース氏は43年にわたってクマを研究してきたスペシャリスト。それでも巣の中での生態や出産を控えた際の行動など、まだまだ分からない点も多いそうで、子育ても含めて観察するのが今回のプロジェクトの狙いだ。ロジャーズ氏は「誰も周りにいないとき、クマがどのような行動をしているのか観察できる」と、カメラ設置の意義を説明している。

今回のカメラ設置には、ロジャース氏の長年の経験が大いに生かされた。もともとリリーの祖母から観察を続けてきたロジャース氏は、現在はリリーの母親ジューンを主な研究対象としており、このジューンとは信頼関係を築いてきたという。それでも「クマは巣の中で異常を感じると、巣を捨てて移動する」(英紙デイリー・テレグラフより)習性を持つため、カメラの設置がなかなかできなかった。そこで、生まれた頃から顔を合わせていたリリーで挑戦すると、作業中も嫌がる素振りを見せず、初めて巣の中にカメラを置くことに成功したそうだ。

ロジャース氏は「野生のクマの出産を捉える最初の記録になる」(英放送局BBCより)と、出産シーンの撮影に大きな期待を寄せている。

また、「WILDEARTH.TV」でリリーの姿が公開されると、その穏やかな雰囲気も手伝って、すぐに世界中の人々から注目を集め始めた。SNSの「Facebook」にはリリーのプロフィールページも開設され、現在、3万5,000人以上がファンとして登録している。1月20日にはリリーが誕生日を迎えたこともあり、多くのファンが数分おきに「誕生日おめでとう」のメッセージを書き込んだ。

「一般市民はクマについて非常にネガティブな印象を持つだろうが、リリーのようなクマがその見方を変えてくれるはず」(英紙サンより)とも語るロジャース氏。撮影された映像はライブで楽しめるだけでなく、英国内ではBBCのドキュメンタリー番組として、2011年初めにも放送される予定だ。タイミングが合えば貴重な“冬眠中の出産”シーンを見られるチャンス。欧米で人気を呼ぶリリーの姿を、一度覗いてみてはいかがだろうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.