女優の高樹澪が6年ぶり芸能界復帰、頭蓋骨を開く手術から立ち直る。

2009/12/30 08:41 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


1980年代から2000年代前半にかけて活躍した女優の高樹澪が、12月29日に放送されたバラエティ番組「魔女たちの22時 女たちの逆襲スペシャル!!」で6年ぶりに芸能界復帰した。休業の原因となった顔の右側がけいれんする病気も治り、今後は活動を再開していく予定だ。

同番組では「顔面崩壊で突然消息不明…あの超有名女優が今夜6年ぶりに復帰」として、病気との闘いに費やした6年間を再現ドラマで紹介。2003年のある日、突然顔がけいれんする病に冒され、病院で診察を受けたところ、医師から頭蓋骨を開ける大手術を行う必要があると告げられた(※番組の中では「脳の中にある顔面の神経に血管が異常に巻き付いてしまう病気」と説明)。

しかし、命の危険もある手術を受けるか、このまま顔のけいれんに悩まされながら生きて行くかの決断がなかなかできず、所属事務所には一言「辞めます」とだけ告げ音信不通の状態に。これを機に、芸能界の表舞台から姿を消してしまった。  

その後、実家に身を寄せながら悩む日々だったものの、最終的には手術を受けることを決意。5時間に及ぶ大手術だったが、無事に病気との闘いに勝ち、このたびの芸能界復帰となった。ちなみに、一方的に「辞めます」と告げたにも関わらず、所属事務所は6年間にわたって在籍扱いにしていたほか、事務所社長は何度も返事の当てのない手紙を実家に送り続けていたという。こうした事務所の「待つ姿勢」が、高樹澪の芸能界復帰を気持ちの部分でも後押ししたそうだ。

高樹澪は1959年12月31日生まれの49歳。子役として幼少時代から活動後、OLを経て1981年に映画「モーニングムーンは粗雑に」で主演デビュー。同時に同作で音楽監督を務めたサザンオールスターズの桑田佳祐作詞・作曲の劇中歌「恋の女のストーリー」で歌手デビューも果たした。その後、「金曜ミステリー劇場」(TBS系)の主題歌「ダンスはうまく踊れない」(※石川セリの同名曲のカバー)が80万枚、同曲を収録したアルバム「ナーダ」も40万枚を超えるヒットを記録している。

女優としては「スチュワーデス物語」(TBS系)など連続ドラマや単発ドラマ、映画に多数出演したほか、1996年に放送された「ウルトラマンティガ」(TBS系)ではシリーズ初の女性隊長イルマ・メグミ役で出演。バラエティ番組にも多く出演し、「志村けんのだいじょうぶだぁ」(フジテレビ系)などで活躍した。

なお、12月12日には公式ブログ「澪☆KAN」(http://blog.oricon.co.jp/mio-kan/)を開設。第一声は「お久しぶりです。高樹澪 生えてま……生きてます」で、15日からは毎日更新を続けている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.