「電波少年的懸賞生活」が復活、小島よしおが3日間の懸賞生活に挑戦。

2009/10/08 17:01 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


1990年代から2000年代初頭にかけ、多くの話題をさらい、物議を醸した「進め(進ぬ)!電波少年」(日本テレビ系)。若手のタレントやお笑い芸人を起用したさまざまな企画が生み出された、言わずと知れた名番組だが、その人気企画のひとつに、「人は懸賞だけで生きることができるのか」をテーマにした「電波少年的懸賞生活」があった。この「電波少年的懸賞生活」が、コカ・コーラの缶コーヒー「ジョージア」が展開する「NEW ジョージアカタログキャンペーン」とのコラボによって、約10年の時を経て復活。8日17時から、第2日本テレビ内の特設ページ(http://www.kensho2009.jp/)と「ジョージア」公式サイト(http://www.georgia.jp/)でライブ配信をスタートさせている。

「電波少年的懸賞生活2009」と題された今回の企画には、以前のなすびに代わり、小島よしおが参戦。「電波少年」でおなじみの“T部長”こと土屋敏男氏に小島よしおが呼び出され、「一発屋芸人に二発目はあるのか」を検証するため、小島よしおが3日間の懸賞生活にチャレンジするという企画だ。小島よしおは「NEW ジョージアカタログキャンペーン」に応募し、豪華賞品の獲得を目指す。

この模様は10月10日23時59分まで、55時間にわたってライブ配信される。ライブ配信中には「電波少年」のMCを務めていた松村邦洋や、猿岩石時代にヒッチハイクでユーラシア大陸を横断した有吉弘行ら、「電波少年」のOBも続々と登場。かつての番組ファンにとっては、嬉しい企画と言えそうだ。

「ジョージア」は9月7日から、総計1,000万人に当たる史上最大規模の懸賞キャンペーンを実施中。今回の「電波少年的懸賞生活2009」では、ジョージア公式サイト「ジョージア ポイントプログラム」において、同サイト会員向けに別アングル(小島よしおに寄った「小島カメラ」)でのライブ配信を実施しているほか、同じく会員限定で小島よしおに指示が出せる視聴者参加型企画「これやってヨン択」も行っている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.