市原隼人主演の深夜ドラマ「猿ロック」、日テレ同枠史上最高視聴率に。

2009/07/24 14:56 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


7月23日からスタートした市原隼人主演の深夜ドラマ「猿ロック」(日本テレビ系)が、初回視聴率7.4%(※ビデオリサーチ調べ)の好視聴率を記録したことが明らかになった。同作が放送されている木曜ナイトドラマ枠の作品としては、昨秋放送された「夢をかなえるゾウ」第1話(7.1%)を抜き、史上最高の視聴率となっている。

「猿ロック」は「週刊ヤングマガジン」に連載中の同名人気マンガが原作。主人公でカギ屋の猿丸耶太郎が、卓越した“カギ開け”技術を駆使して難事件を解決していくストーリーで、市原隼人のほか、バカでスケベな悪友・山本役に渡部豪太、幼なじみの警官・山田役に高岡蒼甫、幼なじみで近所に住むヒロイン・リツコ役に芦名星と、若手の人気俳優が競演していることでも話題の作品だ。

今回の実写ドラマ化に合わせ、原作では高校生だった主要キャラクターの面々が20歳となったり、山本のビジュアルが太め→細めになったりと、いくつかの変更点が存在している。そのため、原作ファンからは多少不満の声も漏れているものの、深夜ならではのお色気要素などもあり、ネットでの初回の評判は概ね良いようだ。

来春にはテレビドラマ版と同じキャストで映画化されることも決定するなど、すでに大きなプロジェクトが動き始めている「猿ロック」。公式サイトでは、7月30日までの期間限定で第1話のまるごと無料配信(http://www.ytv.co.jp/sarulock/movie/)されているので、見逃してしまった人は、公式サイトをチェックしてみてはいかが?

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.