中国のネットを賑わす“一風変わった”商品たち、「蚊の死体」も販売。

2009/07/08 22:44 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


今年4月16日、ユニクロがオンラインの中国旗艦店をオープンしたことでも話題を呼んだショッピングサイト「淘宝網」(http://www.taobao.com/)をご存知だろうか。企業間電子商取引サイト「アリババ・コム」を運営するアリババ・グループが約62億円もの金額を投資し、2003年5月に設立した中国のショッピングサイトだが、2008年の取引総額は約1.2兆円(アジア最大)、中国内のシェアは約8割と、名実ともに中国ナンバーワンのショッピングサイトとなっている。そんな「淘宝網」は、出店されている商品数もさることながら、“一風変わった”商品が多いことでも有名だ。中には「こんなもの誰が買うの?」と思わされる商品も多いが、人口が日本の10倍以上いる中国のこと。もしかしたら1人か2人は奇特な買い手がいるのかも?

中国紙「銭江晩報」に掲載された“一風変わった”商品には、次のようなものが紹介されている。

例えば「蚊の死体」。値段は1匹1角(約1,4円)〜1,000元(約14,000円)とバラバラで、「蚊の死体」を売る業者は「すべて手で叩いて殺しました」と商品をアピールしている。また、「性別、大きさは保証しません」「手ではなく殺虫剤を使った『蚊の死体』は事前予約が必要」「蚊は田舎で採集するため、車代、ガソリン代などが別途必要」と、なにやら冗談のようだが本当に販売されているものだ。

浙江省義烏にある同様の業者は「義烏には卸売市場が多く、5,000人ぐらいの外国人が暮らしている。そこで暮らす蚊には多国籍の血が混ざっている」と自社の蚊の“特徴”を宣伝。商品評価欄には、「新鮮で大きい。超安い!」と購入者(?)からのコメントも掲載されていた。

企業だけでなく、個人でも販売が手がけられる「淘宝網」には、ほかにも「(飲料の)フタ」を1,5元(約20円)で売り出している人も。また、「大昔の台所用品」として石を売っている業者もおり、600元(約8,000円)の値段が付いている。商品説明には「あなたの野生の本能を目覚めさせます。思いっきり食品を打って叩いて、日頃のうっぷんを晴らしましょう」とあるが、8,000円の価値がある石なのかは正直わからない。

まさに玉石混淆の品揃えの「淘宝網」。中国のネットショッピング事情の“今”が見られるサイトだけに、どのような商品が販売されているのか、一度覗いてみてはいかが?

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.