「写真流出」事件のエディソン、ファッションブランド活動に精力的。

2009/04/13 11:19 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


香港芸能界を震撼させた「写真流出」事件後に引退を宣言したものの、その後、銃弾入り脅迫文が届いたり、父親の破産が報じられたりと、なかなか話題に事欠かないエディソン・チャン(陳冠希)。そんなエディソンが、今度は北京に自身のストリートファッションブランド「CLOT」の新店をオープンするのではないかと噂されている。

4月9日、中国・北京の空港にサングラス姿で現れたエディソン。いつもはボディーガードを連れて行動しているエディソンも、今回はプライベートでの行動なのか、ボディーガードなしの姿を撮影されている。ニュースサイト「新華網」によると、待ち構えるメディアやファンの姿もなかったそうだ。エディソンが所属している会社も「今回の行動は、彼個人的な事情によるもので、会社とは一切関係がない」と話している。

事情を知る関係者の話では、今回北京を訪れたのは、自身のブランド「CLOT」の新店をオープンさせるための話し合いではないか、とのこと。エディソンは現在、収入のほとんどを同ブランド品の売上げに頼っている状況のため、すでに運営されている香港店と上海店に続き、北京店をオープンさせることで、中国国内でのブランド地位を確固たるものにしようという狙いがあるのかもしれない。

現地メディアによると、前日の8日には上海で不動産めぐりをしていたそうで、周囲からは中国本土で芸能活動を再開するつもりなのではないかとの噂も出ている。しかしながら、「写真流出」事件による影響で、自身が出演した映画「THE SNIPER」(神鎗手)が中国本土で上映禁止になるなど、香港同様、中国本土でもエディソンを取り巻く環境は厳しい。

藤原ヒロシをはじめ、日本のファッションリーダーとも親交の深いエディソン。しばらくは自身のブランド育成に励むほうが賢明なのかもしれない。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.