ドイツの椿姫彩菜? 性別適合手術を受けた16歳歌手が欧州で話題。

2009/02/05 23:27 Written by コジマ

このエントリーをはてなブックマークに追加


椿姫彩菜やはるな愛、日本テレビ系バラエティ番組「おネエ★MANS」が人気を博すなど、近年はニューハーフタレントが注目を浴びている。特にファッション誌「小悪魔ageha」(インフォレスト)のモデルを務める椿姫彩菜は、性別問わず「かわいい」と評判だ。

椿姫彩菜は20歳で女性に生まれ変わったが、欧州では16歳で性別適合手術を受けたドイツのポップ歌手キム・ペトラスが話題になっている。このニュースを報じている英紙デイリー・メールによると、公認された世界最年少の性別適合手術例だという。

キムは、ティムと呼ばれていた2歳の頃に自身が女の子であることを意識し始め、12歳のときに性同一性障害と診断、14歳で法的にも女性として認められた。このときにドイツ国内で有名人になったようだ。しかし、ドイツでは性別適合手術が受けられるのは18歳から。キムもホルモン治療を続けていたが、世論の後押しもあって16歳での手術が認められ、昨年11月にフランクフルト大学病院で体も女性に生まれ変わった。費用には健康保険が適用されている。

服飾デザインの勉強をしているキムは以前、ファッション関係の仕事に就くことを希望していたものの、昨年にデビューシングル「Last Forever」をオンラインでリリース。続くシングル「Fade Away」はドイツ国内で販売された。キムの歌声は「MySpace」上のページ(http://www.myspace.com/kimilinlein)で聴くことができる。声質は女性そのものだ。

心だけでなく体も女性に生まれ変わったキム、タイトなジーンズやミニスカートをはけることを楽しみにしており、同紙に対して「今年の夏はビキニを着て泳げるし、更衣室にも問題なく入れる。大好きな水着を着て泳ぎにいくのが待ちきれない」とうれしそうに語った。また、父親のルッツさんは「障害を乗り越え、その後も困難が続くことを覚悟しつつ夢を成し遂げた彼女を、私は誇りに思う」とコメントしている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.