阪神の真弓明信監督がブログを開設、生い立ちや“考え”をつづる。

2009/02/01 10:05 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


今季から阪神の指揮を執る真弓明信監督が公式サイト「joe72.jp」(http://www.joe72.jp/)をオープン、併せてブログを開設し、更新をスタートさせた。現在の12球団監督で公式サイトを用意している監督は複数いるが、生の声が聞こえるコーナー(ブログ)が継続して更新されているのはロッテのボビー・バレンタイン監督と、新たに更新を始めた真弓監督のみ。

1月31日に更新された第一声は、次のとおり。

「これまでの私の生い立ちやこれからの予定のページに加え、私の思いや考え、その日にあった出来事を"Voice"のページに書いていきたいと思います」
「毎日更新というわけにはいかないと思いますが、ゆっくりと自分のペースで皆さんにお届けできたらと思っています」
「明日からいよいよキャンプイン。今年こそは去年の悔しい思いを何倍にしても返すため、選手・コーチ・フロントと一丸となって頑張りたいと思います」

真弓監督は1953年生まれの55歳。サイト名にもなっている「joe(ジョー)」は真弓監督の現役時代からの愛称で、米国に野球留学をした際に付けられ、そのまま日本に帰国後も定着したものだ。

プロ野球選手としてのキャリアは、1972年に太平洋クラブ(旧西鉄、現在の西武)にドラフト3位で入団。内野手として活躍したが、1978年に阪神の田淵幸一捕手らとの2対4の大型トレードで阪神に移籍、1983年に打率.353で首位打者を獲得したほか、1985年の阪神日本一のシーズンでは1番打者として打率.322、34本塁打、84打点の成績を残し、阪神ファンからはいまなお「最強の1番打者」と呼ばれている。現役時代から甘いマスクで人気を博し、女性ファンを虜にしていた。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.