ミス日本グランプリの女子高生は元アイドル、CMで矢田亜希子と共演。

2009/01/27 23:16 Written by コジマ

このエントリーをはてなブックマークに追加


1月26日に東京・新宿で行われた「2009年度 ミス日本グランプリ決定コンテスト」で、見事グランプリに輝いた宮田麻里乃さん。東京都在住の高校2年生で、高校生のグランプリ受賞は1999年大会以来10年ぶり、平成生まれでは初の女王となった。すでに「綾瀬はるか似」と評判で、その将来を期待する声も少なくない。本人は、受賞の感想として「石川遼くんや浅田真央ちゃんとか、私と同じ高校生。同じ年齢の方々が活躍しているので負けないように頑張りたい」と語っていた。

高校では科学部に所属し、「マクロス」をはじめアニメ好きという意外(?)な一面ものぞかせていた宮田さん。大会翌日となる1月27日には日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演したが、同番組などから元アイドルであることが明らかになった。芸能活動は中学1年生だった05年から始め、CMやDVDなどにも出演していたようだ。

「ミヤネ屋」では、コンテストに応募したという宮田さんの母親に直撃。母親は応募理由を「本来ならオシャレを一番したい時期に化学が好きで、割と部屋にこもって本ばっかり読むタイプなので表に出すようにしました」とコメントした。さらに、アイドル時代の過去とそのときの芸名が「立花未樹」だったことも明かしている。

「Wikipedia」にある「立花未樹」の項目を見てみると、宮田さん本人であることのほか、中学1年時にオーディションでのタレント部門入賞をきっかけに芸能界入りし、アイドルポータルサイト「アイドルcheck!」に在籍、その一員として映画やDVDに出演したという。05年夏にはアメリカンファミリー生命保険(Aflac)のCM「浦島太郎」編で矢田亜希子らと共演している。

立花未樹名義でブログ(http://blog.livedoor.jp/idolcheck_tachibanam/)も4年前から開設していたが、昨年11月4日に「ありがとうございました」と題したエントリーで更新を終了。どうやら、ミス日本の候補となったため芸能活動を休止した模様。高校生らしからぬしっかりとした受け答えや態度が話題となったが、人前に出ることには慣れていたようだ。「ミヤネ屋」では17年間で男性との交際経験がないことも赤裸々に語るなど、初々しい姿も見せていた宮田さん。ミス日本のグランプリに輝いたことで芸能活動とブログ更新を再開するかもしれない。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.