25万人が選ぶ欧州サッカー08年度ベスト11、スペイン勢から6人選出。

2009/01/23 22:55 Written by コジマ

このエントリーをはてなブックマークに追加


マンチェスター・ユナイテッドの欧州チャンピオンズリーグ制覇、スペイン代表の欧州選手権(ユーロ)制覇で幕を閉じた2008年度の欧州サッカー。特にマンUはリーグ2連覇とクラブワールドカップのタイトルも獲得し、エースのクリスティアーノ・ロナウド選手(ポルトガル代表)が欧州年間最優秀選手賞(バロンドール)、国際サッカー連盟(FIFA)年間最優秀選手賞、ゴールデンブーツ賞に輝くなど、まさにマンU一色の年だったと言えるだろう。

こうした08年度を振り返って欧州サッカーのベスト11と最優秀監督が発表されたが、マンUからはともに2年連続で選出されたC・ロナウド選手とアレックス・ファーガソン監督の2人のみにとどまった。一方で、スペイン勢は6人が選出されている。

ベスト11&監督は、欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイト(http://www.uefa.com/)が毎年、読者を対象に行っているもので、今回の参加者は約25万6000人。総投票数は330万票を超えた。

スペイン勢は、2年連続でベストGKに選ばれたイケル・カシージャス選手(レアル・マドリード)をはじめ、代表とクラブ両方のチームメイトであるセルヒオ・ラモス選手が右SB部門、カルレス・プジョル選手(バルセロナ)がCB部門、セスク・ファブレガス選手(アーセナル)が攻撃的MF部門、フェルナンド・トーレス選手(リバプール)がFW部門に選ばれており、セントラルMF部門に選出されたシャビ選手(バルセロナ)は主将にも“任命”されている

また、FW部門のもう1人はアルゼンチン代表のリオネル・メッシ選手(バルセロナ)で、バルセロナからは最多となる3人。スペインリーグからも最多5人選出で、クラブ・リーグ別でもスペイン色が強い結果となった。

このほか、CB部門にクラブと代表で主将を務めるイングランド代表のジョン・テリー選手(チェルシー)が2年連続、左SB部門にドイツ代表のフィリップ・ラーム選手(バイエルン)、左サイドMF部門にフランス代表のフランク・リベリー選手(バイエルン)がそれぞれ選ばれている。

☆欧州サッカー2008年度ベスト11&監督
【監督】
アレックス・ファーガソン(マンチェスター・ユナイテッド)
【FW】
フェルナンド・トーレス(スペイン代表、リバプール)*
リオネル・メッシ(アルゼンチン代表、バルセロナ)*
【MF】
フランク・リベリー(フランス代表、バイエルン)* ※左サイドMF
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表、マンチェスター・ユナイテッド) ※右サイドMF
セスク・ファブレガス(スペイン代表、アーセナル) ※攻撃的MF
シャビ(スペイン代表、バルセロナ)* ※セントラルMF、主将
【DF】
フィリップ・ラーム(ドイツ代表、バイエルン) ※左SB
セルヒオ・ラモス(スペイン代表、レアル・マドリード)* ※右SB
カルレス・プジョル(スペイン代表、バルセロナ) ※CB
ジョン・テリー(イングランド代表、チェルシー) ※CB
【GK】
イケル・カシージャス(スペイン代表、レアル・マドリード)
*は初選出

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.