森公美子が酷評一転「iPhone」絶賛も「いゃ〜ネットは怖い!」。

2008/11/07 23:20 Written by コジマ

このエントリーをはてなブックマークに追加


米アップルの携帯電話「iPhone 3G」を購入し、自身のブログにその操作性やソフトバンクショップ店員の対応への怒りをつづっていたオペラ歌手でタレントの森公美子。ところが、11月6日更新の最新エントリーで「アップルは凄い、裏技など沢山隠れていて、びっくり栗栗栗栗でした!」など、一転して「iPhone」を絶賛している。

森公美子が「iPhone」批判を行ったのは、10月27日のエントリー。「iPodもってるならiPhone要らないわ!」「解約したい!」などの過激な内容で、中でも「クーリングオフしようとしたら、だめなんですよ! 説明書にクーリングオフの名前が無かった! 解約だけが光ってたこれ? ちょいと日本の販売的な法律に? ギリギリな感じ?? 売りつけりゃいいって事ね! そんな商売ヤバイ! どうせDoCoMo愛用者20年の私には、ソフトバン○のCMは来ないから、平気で言える!!」という記述に、ネットからは「クーリングオフはできないだろ」「公にこんな文句を言う人にはDoCoMoからもCMの依頼は来ないよ」などの批判が相次いでいた。

10月30日のエントリーでは「流行りに乗ってしまった私が悪い」とつづり、さらに11月6日の更新ではSNS「mixi」のニュースに自分の「iPhone」批判が掲載されたことに驚いていたが、「確かに、料金説明しかしてくれない、状況での購入に疑問を持つべきだった!」「参ったなぁ〜 正直、購入した人で面倒くさ!って思った人居ないの?? 私だけ?」など、批判をやめることはなかった。

しかし、最新のエントリーによると、「mixi」での批判に「クソ(怒)って!思い」奮起したらしく、友人の説明によってある程度「iPhone」と以前から持っていた「MacBook」を使いこなせるようになったという。そのため、「iふぉんのハードユーザーになりそうです」「アップルは凄い、裏技など沢山隠れていて、びっくり栗栗栗栗でした!」「アップルの良さをじわじわ感じております!」などと絶賛。また、アドバイスをしてくれた友人たちや読者に感謝しつつ、「商品説明のない買い方に慣れてない、痛い私をお許し下さい! 流行りに乗ろうとゆるい気持ちの私をお許し下さい!」「アップルユーザーの方には、嫌な思いさせました!」と謝罪している。

その一方で、「いゃ〜ネットは怖い! ネットで悪口書かれて、自殺に追い込まれる気持ちわかったような気がする。(韓国の女優さん亡くなったでしょ! 原因はネットの中傷でしょ)!」ともつづっており、絶賛・謝罪はネットでの批判が少なからず影響しているようだ。ただ、その点についても「私のブログを沢山の人が観てる意識が無かった…友達同士の会話の延長で書いていた…反省! 只ひたすら反省」としている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.