「ネットカードダス」第1弾、PCで「ガンダム」のカードバトル。

2008/09/25 15:52 Written by モノメトロ編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


バンダイの「カードダス」とパソコン&ネットを融合させた新カテゴリーのカードゲーム「ネットカードダス」が、いよいよ12月から始まる。その第1弾として発売されるのは、「機動戦士ガンダムシリーズ」を題材にした「ガンダムクロニクルバトライン」だ。価格はスターターキット(カード18枚+バーコードリーダー)が2,625円(税込み)、ブースターパック(カード3枚)が315円(同)。

「ネットカードダス」は、カードに記載されたシリアルバーコードをペン型のインターネットバーコードリーダー「COSCA(コスカ)」(Windows2000/XP/Vista対応、USB接続)で読み取り、カードの絵柄を出現させ、パソコン上のガンダムクロニクルバトライン専用ホームページ(http://www.battline.info/)でバトルを楽しめるカードゲーム。クレジットカードや電子マネーなどの決済手段を使わずにネットゲームを楽しめるため、どの年代層でも安心して遊ぶことができる敷居の低さも、大きな特徴だ。

遊び方は、まずカードを店頭で購入後、「ガンダムクロニクルバトライン専用ホームページ」で会員登録。送られてきたIDとパスワードでログインしたあと、「COSCA」を使ってカードのバーコードを読み取るとデジタルカードが画面内に出現する。プレイヤーはモビルスーツの司令官となり、「メカニクス」「パイロット」「カスタム」の3種のカードを組み合わせたユニット(自軍部隊)を編成し、これを駆使してほかのプレイヤーとのカードバトルを楽しむわけだ。

「ガンダムクロニクルバトライン」で扱うシリーズは「機動戦士ガンダム」「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」「機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争」「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」「機動戦士ガンダムMS IGLOO」など多岐に渡り、第1弾のカード数は全108枚に上る。白熱したバトルとともに、コレクションにも熱が入りそうだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.