「大食い」皿数水増しにフードファイターのエステ三宅は「まだ困惑」。

2008/08/12 12:34 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


11日発売の「週刊現代」が報じたことで表面化した、日本テレビ系報道番組「NEWSリアルタイム」の大食い企画での「やらせ」疑惑。中華料理の食べ放題で実際には39皿しか食べていないにも関わらず、番組内では「48皿」食べたように放送していたため、これが「やらせ」だという指摘だった。

「週刊現代」の取材によって日本テレビはこの問題を認識。8日の「NEWSリアルタイム」内ですでに「料理の数え方に正確性を欠き一部不適切な手法で制作されていた」と謝罪のコメントを発表している。そして番組のプロデューサーらには処分が下され、同企画を担当した制作会社との契約解除がすでに行われたという。

この問題に巻き込まれた形になってしまったのが、出演していたフードファイターのエステ三宅(三宅智子)だ。番組の企画に沿って食べていたにも関わらず、編集サイドの失策によって、多くのメディアで名前が連呼されることになってしまった。悪いニュースだけに飛んだとばっちりといったところだが、一連の問題に対し、エステ三宅が公式ブログの11日付けのエントリー「応援してくれる皆様へ」でコメントを発表している。

「今回、週刊誌の記事の件で、皆様にご心配をおかけした事深くお詫び申し上げます」
「記事を見てから、心配した友人やファンの方々からメールやメッセージでたくさん励ましのお言葉をいただきました。本当に本当にありがとうございます」
「私自身本当に何も分からず、まだ困惑しておりますが、信じて応援してくれる皆様の為にもこれからも頑張ります」

ファンからは70件を超えるコメントが寄せられているが、いずれも励ましの言葉ばかり。39皿であろうと、48皿であろうと、その程度の量ならエステ三宅が食べられる胃袋の持ち主なのを知っているファンが多いだけに、コメントは冷静な言葉が並んでいる。これにはエステ三宅も感激しているようだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.