嵐の大野智に衝撃のスキャンダル、週刊現代が「大麻で3P」報道。

2008/07/28 06:22 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


グループとしても、個々のメンバーとしても活躍が目立つジャニーズの人気グループ「嵐」。この夏も日本テレビの五輪中継テーマソングに「風の向こうへ」が起用されるほか、8月30日から31日に日本テレビ系で放送される「24時間テレビ31 愛は地球を救う 誓い〜一番大切な約束〜」ではメインパーソナリティを務め、さらに9月にはアジアツアーが予定されているなど、大きな活躍の場が控えている。そんな「嵐」に、そしてジャニーズにとって「激震」とも言えるスキャンダルを現在発売中の「週刊現代」が報じた。「嵐」のリーダー、大野智が大麻を吸引し、女性2人とともに3人で性行為に及んだというのだ。

週刊現代が報じたのは、2005年夏に起きた出来事。東京・渋谷のカラオケボックスで大野智と合コンのような飲み会に参加した女性の「証言」という形で記事は進められている。この女性(Aさん)によると、飲み会の参加者が取り出したガンジャ(大麻)を大野智も吸引、大はしゃぎしていたのだとか。そして、カラオケボックスの宴のあと、参加者の一人(Bさん)が住むマンションへと向かい、3人で性行為をしたと赤裸々に告白している。

同誌には証言を裏付けるかのように、「大野智とBさんが密着している写真」「大野智が白目をむいてAさんの太ももを開かせようとしている写真」「大野智がBさんのTバックを指さす写真」「大野智がAさんとBさんに両サイドからキスをされている写真」の4枚の写真を掲載。写真のキャプションには、大野智の表情が少しおかしいことから「完全にイッているように見え」「大麻の影響なのか」との記述が見られる。ただし、単に泥酔している状態にも見えるため、写真は大麻吸引の決定的証拠と言うには、やや強引かもしれない。

Aさんの証言のみで構成されている記事のため、これが事実だと決めてしまうのは早計だが、真偽はともかく、このような報道が出ること自体がマイナス。すでにネットでは大騒ぎになっているだけに、ジャニーズや、大野智および「嵐」を起用するテレビ各局、広告主がどのような対応を見せるのか、注目しておきたいところだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.