「銀河鉄道999」30周年記念で松本零士監修のセイコー製鉄道時計。

2008/07/10 15:51 Written by モノメトロ編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


1977年に「少年キング」(少年画報社)で連載を開始し、アニメ化、映画化を経て現在も松本零士氏の公式サイト上で続編(通称「エターナル編」)が不定期連載されている「銀河鉄道999」。その誕生30周年を記念した鉄道時計が、7月11日に全世界999個限定で発売される。セイコー製の本格的なプロ仕様の設計で、松本氏がデザインの監修を担当。メーテルのイラストがセットされた豪華オルゴールケースが付属する。価格は9万5,800円(税込み)。インペリアル・エンタープライズの公式サイト(http://iei.jp/999/)での完全予約販売だ。

今回発売される「銀河鉄道999 誕生30周年記念鉄道時計」は、実際に鉄道の運転士が使用する本格仕様の鉄道時計。松本氏が自らデザインを監修しており、文字盤は宇宙をほうふつとさせるメタリックブルーの背景色に、金色に輝く「999」とインデックスを配置した。中央には「999 GALAXY EXPRESS 30th Anniversary」の白文字が入れられている。

また、12時の位置には天然ダイヤモンド(0.015カラット)が埋め込まれており、チェーンからフレームまで外装はすべて23金で仕上げた。さらに、裏ブタには松本氏のサインとエディションナンバーが刻まれる。

天然ツガ材を使用したオルゴールケースには、松本氏のサイン入りイラストがセットされており、オルゴールの曲は劇場版アニメ「銀河鉄道999(The Galaxy Express 999)」(79年公開)のゴダイゴによる主題歌。ファン垂涎のアイテムになることは、間違いないだろう。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.